沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1396]

  • (金)

2012年01月01日[No.1396]号

1396号の表紙

今週号の表紙

昇って飛んでよい年に
今年は辰年。みなさんにとって昇り竜のように飛躍の年になりますように。十二支の中で、唯一”伝説の動物“であるぼくたち龍。動物園にはいないけど、ある場所にたくさんの仲間と一緒に住んでるんだ。そこは竜宮城…ではなくて、そう、首里城です。琉球国王の守り神として、そして人々が水に困らないよう見守る存在だったんだ。大きさも形もさまざまな龍ファミリー。ぼくにそっくりで口を閉じた寡黙なきょうだいも向かいにいるよ。いったい何匹いるのかな? レキオ片手に首里城に出掛けてみよう! 愛嬌いっぱいの隠れキャラも要チェックだよ。
語り継ぐ龍伝説
復活にかけた人たち ~那覇ハーリー~

>> 続きはこちらから
1396号の特集

今週号の特集

首里城で龍を探せ!
 12年の周期で一周する干支。今年は「辰」すなわち「龍」は古来より神様の使いとしてあがめられてきました。ここ沖縄の地も例外ではなく、琉球国王の居住地であった首里城には、正殿内になんと33匹もの「龍」が存在しているんです!!レキオご愛読者の皆様、寝正月も良いものですが、今回は、ちょこっとだけヒントをご紹介いたしますので、12年に一度しかない「辰年」に33匹の龍を探す。そんな、ちょいと小粋な遊びはいかがでしょう? 全部見つけられたら、何かいいことがある…かも??

詳しいことは本紙をご覧ください。



1396号の島ネタCHOSA班

島ネタCHOSA班

ブーサーシーの秘密に迫る
沖縄にはブーサーシーという沖縄独特のじゃんけんがありますが、普通のじゃんけんとはやり方が違うし、遊ぶ場面も違うと聞きました。一体どういう遊びなのでしょうか? ぜひ調べてみてください。

>> 続きはこちらから
1396号のぐるぐるグルメ

ぐるぐるグルメ

mati-cafeの 「季節の京のお昼ごはん」
京都の味を楽しめる「季節の今日のお昼ごはん」。どれもが主役になれる奥深い味わいの逸品。

>> 続きはこちらから
1396号の私のシーサー

私のシーサー

「めがでて…じゃなかった。おめでとうございます。」
(那覇市 新年は、めで鯛さん)

このコーナーでは皆さんの撮ったシーサーを募集中。ナイスなコメントも添えてください。

>> コメント&投稿はこちらから
>> 私のシーサーギャラリーはこちらから


バックナンバー(過去記事)のご案内

これまで掲載した過去記事をご覧になれます。

2018年の過去記事
2017年の過去記事
2016年の過去記事
2015年の過去記事
2014年の過去記事
2013年の過去記事
2012年の過去記事
2011年の過去記事