沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.9]

  • (火)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ゆいレールでいこう!!」2012年12月13日[Vol.9]

ゆいレールでいこう!!


ゆいレールでいこう!!
 那覇市のメーンストリート・国際通りの南側入り口近くに位置する「県庁前駅」。県庁を中心にデパートや飲食店、土産品店などが立ち並びます。那覇市役所の新総合庁舎も2013年にオープンを予定。ますますにぎやかになりそうな同駅周辺の歴史とお勧めスポットを紹介します。 
(豊浜由紀子)

座ったらみんな友達に
二代目猫舌

二代目猫舌

「カンパ〜イ!」。屋台では冷たい夜風もへっちゃら。ビールも一段とおいしく感じます

二代目猫舌
自慢のおでんを入れる高橋あつしさん
二代目猫舌
山野辺邦彦さん

 沖縄都市モノレール総務部営業企画課の山野辺邦彦さんがお勧めするのは、「二代目猫舌」。天気の良い日は、ほっこりと明かりがともる久茂地の屋台です。山野辺さんは「他業種の人と知り合える場なので、人見知りしないウチナーンチュにお勧めです」と話します。
 店主の高橋あつしさんは、2年半前に店を引き継ぎ、「二代目」となりました。和歌山県出身で6年前、沖縄に移り住んだ高橋さんは、客として同屋台に通っていたそうです。「屋台は座ったらみんな友達。距離が近いので話もしやすいですよ」とその魅力を語ります。
 夏は串カツ、11月中旬頃からはおでんを販売。お勧めは、ハマグリ(250円)。ハマグリのだしたっぷりの濃厚な味わいは、お酒にピッタリ! たまには夜空の下で楽しい時間を過ごしませんか。

久茂地屋台 二代目猫舌
ゆいレール県庁前駅向かい、御成橋駐車場内
【電話】080(6133)4092
20時〜27時
定休日=日曜、雨、強風、台風




自分だけの帽子探そう
analogue

analogue

全て1点もので約200種の帽子が並ぶ店内。国内外から毎週、新商品が入ります

analogue
比嘉立さん

 帽子でオシャレ度をアップしたい―。そんな願いをかなえてくれるのが、松尾の「analogue(アナログ)」。全て1点もので常時約200種を取りそろえる帽子のセレクトショップです。3千円台〜9万円台まで、国内外のさまざまな帽子を扱っています。今月はアメリカから子ども用も入荷しました。
 代表取締役の比嘉立(たつる)さんは、東京で約13年にわたり帽子専門店に勤務。その後、沖縄に戻り、2011年3月に同店をオープンしました。
 オリジナルの「ウールのフェルトハット」(8,190円)も販売。リボンは好きな色を選べるのがうれしいですね。
 比嘉さんは、「帽子が似合わない人はいません。ぜひ一歩踏み出して自分に似合うものを選んでほしい」と話していました。

analogue
那覇市松尾1-9-50 山田ビル1階
098(943)2160
平日=13時〜20時
土日・祝日=12時〜20時
不定休




琉球史のスポット満載
賀数仁然さんと散策

賀数仁然さんと散策

風水に基づいた街づくりがなされていた久米一帯。現在も泉崎ロータリー付近は竜の顔、後ろに続く建物が胴体になぞらえています

賀数仁然さんと散策
琉球史のおもしろさを分かりやすく伝えている賀数仁然さん

 「県庁前駅周辺にはいろいろな歴史スポットがありますよ」と話すのは、FECオフィス文化事業部で歴史ガイドなどを行っている賀数仁然(ひとさ)さん。明治初年の那覇の地図を片手に、一緒に散策してみました。
 地図を見ると、現在の県庁周辺は閑散としていて、久茂地川から西側が栄えていあす。まず案内されたのは「桂林寺跡」(現在は松山公園)。エイサーの原型「念仏踊り」を伝えたといわれる浄土宗の僧侶・袋中上人の「行化碑」があります。賀数さんは、「袋中が琉球を去った後に薩摩が攻めてきているので、スパイ説もあるんですよ」と教えてくれました。袋中上人と琉球の関係、なんだか興味深いですね。
 また、琉球王朝時代、風水に基づいた街づくりがなされていた久米一帯を紹介。現在も泉崎ロータリー付近を竜の頭、久米大通りの建物が胴体になぞらえています。さらに「ここは読み書きができなかった蔡温が友人にばかにされ、『勉強しよう』と誓った場所です」と解説。琉球史の貴重な1ページに触れたような気がしました。
 その他、泉崎橋跡、久米村発祥の地の碑、孔子廟なども紹介。賀数さんは、「琉球史は私たちの身近にある歴史で、謎解きのようなもの。これまで知っていた点と点がつながる瞬間がとてもうれしいですね」とその魅力を話していました。

FECオフィス文化事業部
那覇市安里1ー1ー58 光生ビル303
098(927)8841
http://kubougrande.com/




食卓から家族を幸せに
ワイン&インテリア CLASSICO

CLASSICO

約500種が並ぶワインセラー。おいしく飲める温度やお勧めの料理など、初心者でも分かりやすい解説付きです

CLASSICO
シニアソムリエの前森裕人さん(左)とインテリアコーディネーターの章子さん

 ワインとインテリアで暮らしを豊かにしてくれるのが、泉崎の「CLASSICO(クラシコ)」。「クラシコ」は、スペイン語で「伝統的な、洗練された」という意味です。
 代表の前森裕人さんはJSA認定シニアワインソムリエ。お勧めのワイン約500種を取りそろえています。「何でも遠慮なく聞いてくださいね」と前森さん。家庭で気軽に楽しめるよう千円台からそろえています。
 また、インテリアコーディネーターの妻・章子さんはインテリアプランニングなどを担当。「食卓の幸せは家族の幸せにつながります。ワインだけでなく、ワインを楽しむ空間も提案していきたいですね」と前森夫妻。
 ワインに親しんでもらおうと月2回、6種のワインのテイスティング会(1600円)も開いていますよ。

wine&interior
CLASSICO
那覇市泉崎2-2-3 アーク泉崎1階
098(854)7512
11時〜20時
定休日=年内は無休
ワインテイスティング=12月21、22日のテーマは「ワインメジャー6品種飲み比べ」




楽しみながら環境学ぶ
ベロタクシー沖縄

ベロタクシー沖縄

那覇の街をゆっくり楽しめるベロタクシーの後部座席に座る高江洲悦子さん

 那覇の街をゆっくり楽しめるのが「ベロタクシー」。排ガスを出さないドイツ生まれの三輪自転車です。2004年から運行を開始。国際通り周辺で4台、首里で1台が走っています。
 定員は大人2人と小学生未満を含め4人。パレットくもじ前やローソン松尾店前などが待機場所です。初乗り500mで350円。超過は100mごとに50円。
 運営するNPO「ecomo.i(エコモドットアイ)」代表の高江洲悦子さんは、「小学生以上なら楽しみながら環境の勉強ができます。見掛けたら気軽に声をかけてくださいね」と話していました。

ベロタクシー沖縄
【電話】098(868)5105
午前11時〜日没
定休=月曜、荒天
久米や首里などの観光案内(2時間ツアー、要予約)は1人3,500円、2人5,500円


飲み物注文で朝食無料
甘味処 万丸

壺屋

人気の「ぷりぷりたまごトースト」セット。たっぷりの卵をのせたトースト(手前から時計回りに)、バタートースト、豆乳で作った万丸とろけるとうふ、手作り小倉、マカロニサラダ、ホットコーヒー(360円) 

壺屋
店長の山田莉沙さん(右)とスタッフの髙杉衣子さん

 「おはようございます」―。ドアを開けるとさわやかに迎えてくれる「甘味処 万丸 那覇泉崎店」。ドリンク(360〜490円)を注文すると、朝は無料でトーストセットが付く名古屋スタイルの店です。
 同店代表の山田浩平さんは愛知県出身。名古屋のモーニングを広めようと、2012年2月にオープンしました。飲み物を注文するとトースト(ピザ、ぷりぷりたまご、今週のトーストから選択)と小倉をのせて食べるバタートースト、石丸とろけるとうふ、マカロニサラダが無料です。味、量、価格ともに大満足! 元気をチャージして1日をスタートできます。
 店長を務める妻の莉沙さんは「朝ちょっと早起きしたらお得なサービスが受けられます。朝のゆとりが一日を変えてくれますよ」と話していました。

甘味処 万丸 那覇泉崎店
那覇市泉崎1ー9ー7 国場薬品ビル101
【電話】098(867)2593
平日=7時30分〜18時30分(モーニングサービスは11時30分まで)
土曜・祝日=9時〜17時
定休日=日曜

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>