沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.6]

  • (水)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ゆいレールでいこう!!」2012年09月06日[Vol.6]

ゆいレールでいこう!!


ゆいレールでいこう!!
 皆様、こんにちは。4月から始まった「ゆいレールで行こう」今月で、ちょうど6ヵ月目、折り返し地点となりましたが、ご活用いただいているでしょうか? ではでは、今回もたっぷりとオススメスポットを紹介させていただきますので、いつものようにレキオ片手にレキさんぽ(笑)を楽しんでくださいね!! 乗車券のご応募もお待ちしてま〜す!! 
(佐野 真慈)

あのアイデア商品の元祖です!!
リビングショップ マルヒデ

リビングショップ マルヒデ

「うちかび焼き器 う〜とぅとぅ」お値段¥1,800なり。

リビングショップ マルヒデ
宇根良一さん タオルはちまきが良く似合っています。

 何の変哲もない荒物屋さんのように見えますが、驚くなかれ! なんと特許を取得したオリジナル商品が。その名も「うちかび焼き器 う〜とぅとぅ」。店主の宇根良一さんによると「BBQ用のコンロに使う足に、鉄のボウルを乗せて売ってみたら大好評だったわけさ。じゃあいっそのこと特許をとってうちのオリジナル商品にしてみようと思ってね」とのこと。今ではホームセンターなどでも良く見かけるうちかび焼き器。元祖はここなんですよ!

那覇市安里388-5
定休日:正月/お盆




昔ながらのアンマーの味
小さな店 おそうざいや ときちゃん

小さな店 おそうざいや ときちゃん

見るからにおいしそうな煮つけ。たまりません!!

小さな店 おそうざいや ときちゃん
我如古瞳さん。やさしい笑顔が印象的でした。

 昔ながらのおふくろの味をモットーに沖縄の家庭料理を販売しているお店。大きな鍋でじっくりコトコトと煮込まれた豚のクビ肉の煮つけは絶品です。他にもミミガー煮つけ、ポテトサラダ、アンダンスーなど安くてうまいものがめじろ押しです!
 お母様と母子二人で店を切り盛りする我如古瞳さんの一押しもクビ肉。「1日かけて煮込んでいる自慢の一品です」とのこと! 今日の晩御飯にいかがでしょう?

那覇市安里379-9 
定休日:日曜/正月/お盆




見どころ盛りだくさん
那覇まちま~い 安里・牧志の路地裏歴史さんぽ

那覇まちま~い

安里八幡宮 弓と矢が祭られています。理由はガイドさんに聞いてみてくださいね♪

那覇まちま~い

たから屋自慢のせんべい3種類。各5枚入りで120円から。

那覇まちま~い
せんべい店たから屋の店主髙良淳さん

 那覇市観光協会が主催する那覇まちま~い。今回は「安里・牧志の路地裏さんぽ」のコースをご紹介♪ 琉球八社の一つで、尚徳王が喜界島征討の成功を祈願したことから建立された安里八幡宮や、金丸(後の尚円王)と当時の安里地区を治めていた大親(ウフヤー)が、囲碁を打ちながらクーデター計画を練ったところと言われる碁打御嶽など、見どころは盛りだくさん!!
 おまけに、コース半ばでは焼きたての塩せんべい屋さんも登場します♪

集合場所:牧志駅
開催日&出発時間:9/3(月)、7(金)、12(水)、22(土)、29(土)の10時
料金:¥1,000
申し込み&問い合わせ:098(860)5780 那覇まちま〜い事務所




駅を間近にカンパイ
串カツBAR 月の梟

串カツBAR 月の梟

テラス席からの眺め 光輝く安里駅がキレイです。

串カツBAR 月の梟
レキオオリジナルカクテル(750円) スッキリ、フルーティな味わい。見た目もキレイでしょ♪

串カツBAR 月の梟
店長の新里朝重さん

 ゆいレールを間近で眺めながらグラスを傾ける。そんな夜を過ごせるのが、安里駅の目の前にある「串カツBAR 月の梟」。前菜盛り合わせ、串カツにピザまでついてくるコースが\1,500(2人前)とお値段もリーズナブル! 「せっかくなのでレキオオリジナルカクテルも作りました。老若男女問わず、遊びに来てくださいね!」と店長の新里朝重さん。BARでありながら、塩は自分達でブレンドするなど料理にもかなり力が入っています♪ 
レキオ読者ならレキオリジナルカクテルはハズせないハズですよね(笑)。

那覇市安里388-52-5F
TEL:080(1225)0073
営業時間:18時半~(ラストオーダー3時) 水曜定休
串カツ単品 ¥100~
カクテル各種 ¥650~




いつでも開いてます
ブックスおおみね

ブックスおおみね

子供向けから大人向けまで豊富な品ぞろえ。

ブックスおおみね
大嶺輝浩さん

 ただいまの時刻、深夜1時。闇夜に光るブックスの文字…もしや怪しいお店なのではと思いきや、正真正銘の書店。開業30年になるという「ブックスおおみね」さんは、なんと24時間営業!! ご家族で経営しているという約20坪の店内には、ギッチリと多種多様な本が並べられていました。書店が24時間営業? ナゼ? と店番をされていた長男の大嶺輝浩さんに伺うと「開業してしばらくは夜10時ごろには閉めていたんですけど、お客さんからもっと遅くまで開けてくれないかと要望されて、以来24時間開けています」とのことでした。飲食店の従業員が閉店後、帰宅途中に買いに来たり、タクシーの運転手さんが深夜に雑誌を買いに来たり、ほろ酔いのサラリーマンが子どものお土産にと、お客さんは途切れることなく来るそう。「街の本屋さん」として愛されています。

那覇市大道172
TEL:098(885)9358
定休日:元旦(1/1)のみ




やっぱりヒージャー!!
駅員さんオススメ 山羊料理 美咲

山羊料理 美咲

ヒージャー汁(¥1,200)とヒージャー餃子(¥700)

山羊料理 美咲
宜名真忠さん

山羊料理 美咲
吉里恒子さん 3代目のママさんです。

 沖縄都市モノレール株式会社で営業企画課係長として働く宜名真忠さんのお気に入りがこちら「山羊料理 美咲」さん。飲んだ後のヒージャーは最高です! ヒージャー餃子もおいしいんです! と力強くオススメしてくれました。
実は、ヒージャー初体験の記者。ドキドキしながら取材に伺うと、「大丈夫さぁ!! うちのはおいしいから!」と太鼓判を押してくれたのが店主の吉里恒子さん。ススメられるまま一口…うまい!! あっさりとした味わいながらもヒージャーのコクがふんわりと口に広がります。餃子もジューシーでパクついてしまいました。「丁寧に下ごしらえして、油抜きも念入りにやっているからね。県外の人でも食べられるはずよ!」と吉里さんも笑顔で答えてくれました。私からもオススメを一つ。吉里さんお手製のニッキ茶もすんごくおいしいですよ!!

那覇市安里388-6
TEL:098(884)6266
営業時間:17時~翌2時
日曜定休


インフォメーション

 年会費500円で、数々のタイアップ施設・店舗にて割引きorサービスが受けられるゆいレールファンクラブ会員募集中! ※入会金は無料

有効期限:入会日より1年
手続き(更新)方法:ゆいレール各駅にて手続き(更新)
特典:(土日祝日専用)1日無料乗車券を2枚郵送サービス(入会時1枚、誕生月1枚)
問い合わせ:098(859)2689  fun@yui-rail.co.jp

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>