沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1501]

  • (火)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2014年1月16日[No.1501]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

cafe 黄果報 南城市玉城堀川
                      (2014年1月16日掲載)

手間かけた母のレシピ

 奥武島を見渡すロケーションにある南城市玉城堀川の「cafe黄果報(くがふ)」。ウチナーグチで「思いがけずおいしいものと出合える運」という福々しい店名です。安次富家のおもてなし料理が凝縮された、食にこだわるお母さんのレシピ。少しだけ手間をかけて島野菜をたくさん食べてほしいという思いで、心を込めて料理しているそう。
 一番人気の「黄果報膳」は女性にうれしい、美肌効果を考えたメニュー。我那覇畜産の「やんばる島豚」を使ったコラーゲン豊富なラフテーは、箸を入れるとホロリとする柔らかさ。一緒に煮込まれたトウガンはたっぷりうま味を含み、トロトロ。隣の畑で取れる有機栽培の島野菜は海のミネラルを含み、サラダにしてオニオンドレッシングでいただきます。香り高い利尻昆布で取った一番だしを使う奥武島産アーサー汁など、一つ一つが食材にこだわっています。
 骨まで丸ごと食べられる「さんま甘露煮定食」も隠れ人気メニュー。水・金・土曜は、評判のうっちんサブマリンやベーグルの他、ハーブを練り込んだ自家製パンがおかわり自由です!

MENU
*ラフテーサンド
780円
*ラフテー丼
700円
*黄果報カレー
750円
*ベーグルサンドイッチプレート
780円
*島野菜ロコモコ(本日のスープ付き)
800円

cafe 黄果報
人気の「黄果報膳」(1000円)。じっくり煮込んだラフテー、サクナ、ハンダマの島野菜サラダ、漬物、ミミガーの白あえ、もずく酢。プラス150円で自家製パンのバイキング付き
cafe 黄果報
アットホームな店内は体にイイ情報満載
cafe 黄果報
cafe 黄果報

南城市玉城堀川738‐1 メゾンあしとみ1F
【TEL】098(948)2559
【営業時間】
11時30分〜16時(ランチ=11時30分〜14時30分)
【定休日】月曜、第2・4火曜
【駐車場】10台

>> [No.1501]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>