沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1843]

  • (水)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ワシントコポスト」2020年09月03日[No.1843]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

父と時計

 父の青春は学徒出陣で終わりました。父の大学からは4500人以上の学生が学業半ばで戦地に赴きました。

 公務員であった父は頑固一徹な人でしたが、私の高校合格の記念に、丸い本体に文字盤も指針も直線のみの(当時の私にとってはあまりにも)シンプルなデザインの手巻き式腕時計を買ってくれました。 「この時計の時間は巻き戻せても、現実の時間は(無機質に)前に進むだけで、後戻りは(決して)できないよ」…家で戦争の話は一度もしなかった父の言葉です。

 分解掃除も何回かしてベルトも止め金は残して取り換えながら、この時計と共に半世紀以上歩んできました。

 父の仕事の関係で、小学校時代は2回、中学校時代は3回、高校時代も2回住所が変わりました。その度に思い悩んだり、くよくよして立ち止まったり、後悔もたくさんしてきましたが、今も少しずつですが前に進んでいるでしょうか?

 お父さん、9月はあなたの7回忌です。コロナの影響で家族、親戚全員が集まる機会が全くありませんが、また皆で集まれる日が来ればいいですね。

 P.S.だいぶくたびれてきたこの時計ですが、今では裏ぶたの刻印にさえも50年という刻の重みを感じさせられています。

(orihime)

ワシントコポスト

(編コメ)趣のある腕時計ですね。私も父から腕時計を見せられ、似たようなことを言われたことがあります。限りある時間をどう使うか、改めて考えさせられました。

ジャックと豆の木

 夫が囲碁仲間から、苗をもらってきました。詳しくは知りませんが、それは「豆の木」で大きくなるらしいとのこと。私はふと思い出しました。

 幼稚園のとき、今は亡き姉が絵本を初めて買ってくれたことを。それは「ジャックと豆の木」でした。とてもうれしくて、その絵本を読み、その豆の木は空まで伸びて、登っていけるんだと信じていました。

 70年を経た今でも、その絵本を買ってくれた姉に感謝しています。そして本が友になりました。姉が生きていれば老年を迎えた今、昔の思い出話をしたでしょうに。優しかった姉は早くに逝って、私はとうに姉の年齢を超えました。

 もらった豆の苗を植えました。それは成長が早く、ぐんぐん伸びて竹にからまって、花が咲き、大きな豆ができました。小さな緑色の豆は、料理したらガサガサと歯応えがあり、おいしい。

 取り忘れた豆は大きくなり茶色に枯れて、種子が弾けて、発芽して豆の群生になりました。その豆の正体は「四角豆」でした。

 私は今、70代。足腰が弱って、はしごで空に登れず踏み外しそうだから、用心のため断念しました。どうせ、そのうち天空に舞い上がるだろうから…。

(中城市 花好き)

(編コメ)空想の世界を楽しんでいた子どものころを思い出しました。豆はぐんぐん伸びて、そのまま空へ…。という展開にはならなかったようですが、四角豆の天ぷら、おいしいですよね。

ハードルの向こう側

 おきなわマラソン延期と、テレビや新聞で見て聞いて胸が張り裂けそうな思いをしました。毎年、私が生きていく上での一つの行事でもあったからです。コロナ感染者が増えてきたため、事業を運営する人たちは、さまざまな思いで延期にしたと思います。

 昨年は練習中に右足をひねり、出場を諦めるか? と悩みました。でも、苦境にあっても最後まで希望を捨てず、走りました。経験こそが人間を大きく、また、心豊かにするという実感があるからです。人生のハードルは、そういった「人間としての厚み」を備えさせてくれる貴重な体験なんです。

 

 人生には初めから、「無意味なハードル」なんてありません。心豊かに成長するのに必要だから、そのタイミングでそこに現れているのです。

 「飛び越えられないハードル」もありません。「ダメだ。飛べない」と思うかもしれないけど、必死になったら、ちゃんとギリギリで飛び越えられるようになっています。さぁ、乗り越えましょう。

(宜野湾市 Rエクササイズ先生)

(編コメ)大事なイベントが延期になり残念ですが、力を発揮するチャンスはまだまだあります。Rエクササイズ先生、力強い言葉をありがとうございます。

シミ

 シミとの格闘は、もうどれくらいたつだろう…。いままで、せっけん、クリーム、錠剤、水などなど、いろいろ試してきましたが納得のいく結果は出ていません。/p>

 「すぐに諦めて、続けて使わないからダメなんじゃない?」という旦那の言葉に、「あなたにそう言われないよう2年以上、ちゃんと続けています!」とけんか腰に言葉を返してしまいます。/p>

 最近、ネットで„シミ“を検索してみたら、たくさんの商品が出てきました。いまは、ある商品と混ぜて使用すると7日間で消えるというような、キャッチコピーで紹介されている商品が多いようです。/p>

 うそっぽいなと思いながらも何もしないで、もっとひどくなるのも心配で„購入“をクリック。7日間で消えるとありましたが、3カ月変化なし。よくいう「個人差があります」ということでしょうか。どなたか本当にいい商品(安ければなおいいが)教えてくれないかなーと思う日々です。

(南城市 きな子)

(編コメ)毎日スキンケアをしていても気付けばシミが増えている…と悩んでいる人は多いでしょうね。シミのないきれいな肌の持ち主がうらやましいです。

生粋のウチナー男子

 8月13日付に「サングヮー」の話があったので、またまたうちの息子の話を一つ。

 うちの息子、生粋の「ウチナーわらびぃ〜」です。祖母の家においしい差し入れを持っていくときに、「かあさん! おまもりは?」とサングヮーを要求! さすがです。

 あるときは「今日はものすごく暑いね!」と話していると、「カタブイじゃない!?」と口を挟んできます。恐るべし…‼ 生粋の„ウチナー小2男子“です

(西原町 バタバタママ)

(編コメ)すごいですね! こうなったのも普段から、お母さんやおばあちゃんが沖縄の風習を大切にしていたり、ウチナーグチを使ったりしているからでは?

何があったの?

 暑い日が続いていますね。ここで少し涼しくなるお話を一つ。

 車でいつも通る道があります。そこの横断歩道を通過するとき、いつも車の安全装置がピピッと反応します。誰もいないはずなのに…。ほかの横断歩道には反応しないのに…。

 そういえば以前、そこの横断歩道のそばの木に赤いカーディガンが巻き付けてありました。その時は気にも留めませんでしたが、今考えるとぞっとします…。いったい何があったんでしょう…?

(八重瀬町 八重瀬のこーちゃん)

(編コメ)なぜでしょう? 赤いカーディガン、気になります…。

>> [No.1843]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>