沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1787]

  • (水)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2019年08月01日[No.1787]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

TACO MARIA 宜野湾市伊佐

(2019年08月01日掲載)

カリフォルニア仕込みのメキシカン

 宜野湾市伊佐の国道沿いを歩いていると、なにやらかっこいい雰囲気のお店が。洋服屋さん? それともバー? いえいえ、タコスをはじめとした本格的なメキシコ料理が味わえるレストラン「TACO MARIA(タコマリア)」です。

 「TACO MARIA」で提供されるのは、アメリカ西海岸でアレンジされたメキシコ料理を基にしています。オーナーの鹿内宏太さん、萌さん夫妻が滞在していた米国カリフォルニア州は、メキシコとの国境も近く、それぞれの文化が融合したようなメキシコ料理のお店が人気だそう。そんな料理を「食べまくって勉強しました(笑)」と言う宏太さんが作るタコスは本格的。ソフトで香ばしいトルティーヤとビーフやフィッシュフライ、チキンの組み合わせがたまりません。記者は一番人気という「ビーフタコス」(380円)にかぶりついてみましたが、サルサソースやコリアンダーの風味がばっちり効いていて食べごたえ抜群。お店で提供しているメキシカンビールや、フローズンカクテルとの相性も良さそうです。

 タコスの1ピースは小ぶりなサイズなので、腹ペコの方やさまざまな味を楽しみたい方はぜひ3、4種類を同時に注文してみてください。彩りもきれいな一皿を楽しむことができますよ。

〜 Menu 〜
  
・プルコギタコス
350円
・ビーフボウル
880円
・プレーンケサディーヤ
580円
・ナチョス
580円
・ワカモレ&チップス
680円
・フローズンマルガリータ
780円
  
TACO MARIA
(左上から時計回りに)「チキンタコス」(350円)、「シュリンプタコス」(380円)、「ビーフタコス」(380円)、「フィッシュタコス」(350円)。ビールも一緒に注文すれば気分はカリフォルニア
TACO MARIA
手作りのトルティーヤを焼く様子
TACO MARIA
オーナーの鹿内宏太さん、萌さん夫妻


TACO MARIA
TACO MARIA

〒901-2221 宜野湾市伊佐2-20-5
☎098(975)5539
【営業時間】11:30〜21:00
【定休日】水曜
【駐車場】有り

>> [No.1787]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>