沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1533]

  • (火)

<< 前の記事  次の記事 >>

「島ネタCHOSA班」2014年08月28日[No.1533]号

おでんがフランス風に

 那覇市の前島で、看板に「フランス風おでん」と書かれたお店を見つけました。興味はあるのですが、扉を開ける勇気がありません。どんな料理が食べられるのか、かわりに調べてきてください。

(那覇市 チビ太のおでんさん)

おでんがフランス風に!?

 フ、フランス風おでんですか…? あまりに意外な組み合わせに、脳みそのイメージ能力が追いつきません。「今晩のディナーはガンモドキにしませんこと、ピエール?」「そいつはとってもステキな考えだね、フランソワーズ」…。

 …違う。何かが、違う。実態を確かめるには、直接お店に乗り込むしかないようです。

共通点は「煮込み」

 というわけで、やってきたのは那覇市前島。とまりんから安里川沿いに少し歩くと、見つかりました! 看板には、「フランス風おでん 楽しんで 銀座パリ」と書かれています。ちょっぴりシュールな雰囲気に一抹の不安を抱く調査員でしたが、勇気をふりしぼってドアを開きます。

 まずは、出迎えてくれたオーナーの奥平秀光さん(64)に話を聞いてみました。

 「私は、もともとフランス料理の職人として、大阪で修行しました。東京オリンピックの翌年の1965年ごろかな。船で3日もかかっていた時代ですよ」

 筋金入りのフランス料理人なんですね。

 「12年後に沖縄に戻ってきたのですが、その時はまだフランス料理がまったく根付いていなくて。それで居酒屋をやっていたんですが、ずっとフレンチができないかと考えていたんです」

 それでおでんを? でも、フランス料理とイメージが結びつかないのですが…。

 「でもおでんは煮込み料理なんですよ。煮込みといえばフランス料理の得意技。日本風のおでんを、フランス風だし汁のフォン・ド・ヴォーで煮込んで出したら面白いだろうなと思い、今年の5月にお店をオープンしました」

絶妙なハーモニー

 何はともあれ、論より証拠。奥平さんに人気のメニューを選んでもらい、試食タイム!

 まず運ばれてきたのは、かき氷。え? おでんを頼んだはずですけど…。

 「とにかく食べてみてください」と促され、かき氷を口に運ぶ調査員。えっ! このかき氷、おでんのだし汁の味がする〜!! 

 「これは『夏野菜のおでん氷』。だし汁をシャーベット状にして、ゼリーと一緒に夏野菜にかけた料理です。こんなのは、世界でも他に例がないでしょうね」

 続いては、「厚揚げオランデーズソース」。舌をかみそうな名前ですが、これが、う・ま〜い! バターと卵黄たっぷりの濃厚なウニのソースが、素朴かつジューシーな厚揚げとハーモニーを奏でます。うーん、トレビア〜ン♪ しらたきに、ワインを煮詰めてバターをからめたソースをのせた「しらたきブールブラン・ブリューレー風」も絶品。しらたきがこんなにオシャレになっていいんでしょうか。おお、シャンゼリゼ!

 そしてフランス料理の真骨頂である煮込み技を駆使した「テビチの田舎風」。長時間煮込んだテビチは、まさにとろっとろ。肉の臭みがまったくなく、上品でぜいたくな味わい。トマトソースもたまりません。ボンジュール! モナムール!!

 絶品のフランス風おでんに、頭の中がすっかりフランスになってしまった調査員。値段が1種100円〜400円と庶民的なのも魅力的。読者のマドモワゼル、ムッシューたちも、ぜひ味わってみてシル・ヴ・プレ〜☆



このエントリーをはてなブックマークに追加


おでんがフランス風に
お店の名前は「楽しんで 銀座パリ」。=那覇市前島
ウチナーグチのおみくじ?
フランス風おでんの生みの親、オーナーの奥平秀光さん
おでんがフランス風に
世界で唯一の「夏野菜のおでん氷」。ちゃんとおでんの味が!
おでんがフランス風に
「厚揚げオランデーズソース」。濃密なウニのソースが絶品♪
おでんがフランス風に
しらたきがオシャレに変身、「しらたきブールブラン・ブリューレー風」
おでんがフランス風に
「テビチの田舎風」。8時間煮込んだトマトソースがぜいたく
>> [No.1533]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>