沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1532]

  • (日)

<< 前の記事  次の記事 >>

「島ネタCHOSA班」2014年08月21日[No.1532]号

黄色い人形の謎を追え!

南風原町津嘉山に謎の黄色い人形があるんです。5体も並んでいて、見た目も独特。一体何のためにあるのかさっぱり分からないので調べてもらえないでしょうか?

(ナス夫人とトマト坊や・20代男性)

黄色い人形の謎を追え!

 調査依頼として送られてきた写真を見てびっくり。テッカテカの黄色い人形。いや、これは人形といっていいのだろうか? 2頭身のその姿に違和感を抱かずにいられません。しかも依頼文の詳細を読むと「だんだん増えている」「バラバラだった人形が一カ所に集まってきた」などといった情報まで。何だかお地蔵さんに見えないこともない…。お供えをして良いものなのか、水を掛けて良いのか、そもそもこれは何なのか? さまざまな都市伝説が飛び交う黄色い人形、早速調査して来ました!

人形たちの聖地?

 現場にたどり着いたは良いものの、手がかりは全く無し。答えが出なかったらどうしよう…。不動産管理会社に聞く? 市役所に電話する? 調査員、丸一日掛かることを覚悟です。

 まず始めに目に入ったのは、黄色い人形と同じ敷地内にある建物2階の「大城美容室」。投稿者からの「一カ所に集まってきている」との情報。もしかしたらここが人形たちの聖地ではないのか。そう考えた調査員、勇気を出して訪ねてみました。出迎えてくれたのは、大城美容室の大城キヨ子さん。

 わざわざ人形の調査をするなんて不審者と間違われないか心配しながら聞いてみました。「あの〜、道路脇にある黄色い人形のことでお尋ねしたいのですが…」

質問を発した瞬間、大城さん、ニヤニヤしています。

「これは美容室の持ち物ですよ〜」

これは衝撃! 時間がかかると思った調査でしたが、一件目で持ち主に遭遇。調査員、思わずガッツポーズ。

大城さん、これは一体何ですか?

「これは美容室のオーナーのめいっ子が、大学の作品として作ったものなんです。もう十何年も前になりますが、県立芸大に通っていためいっ子が卒業して県外に帰ることになり、人形を持って行くこともできず、そのまま譲り受けたという具合です」

美容室の目印に

 こうなったら全ての疑問をぶつけてみましょう。大城さん、一カ所に集まってきて、歩いているのではないかという都市伝説もあるみたいですが。

 「あぁ〜、これはいろいろと管理が大変だったから一カ所にまとめただけですよ(笑)。意外と軽いんですよ。台風の時には、飛ばされないよう横にして寝かせています」

 あたかも命が吹き込まれているのではないかという都市伝説を一瞬でひっくり返すコメント! 確かに持ち上げた感じ10㌔㌘ちょっとの感覚でした。 それぞれに名前は付いているのでしょうか。

「付いて無いですよ〜。でも一体だけ名前を付けられていましたね。ケントだったかな?子どもたちが一体だけ『ケント』って落書きしていました」

しかし調査員、不覚にもどれがケント君なのかを確認できず…。地域の子どもに名付けられ、人格を宿したケント君は一体どれなのか!

すみません、つかぬ事をお伺いしますが、この人形、正直不気味ですよね? 夜中に見たら怖いですよね? 「そうですかね? 私たちは見慣れてしまって、何かロボットちゃんみたいでかわいいなぁって感じていますよ。本当にただ置いているので、目印になれば良いなぁって思っているくらいですよ」

十分強烈な目印になっております、大城美容室さん!



   ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

幸せの色ともいわれている黄色。真相も分かったことですし、近くを通った際には一緒に写真を撮ったり、頭をなでてみたり、あやかってみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


黄色い人形の謎を追え!
大城キヨ子さん
黄色い人形の謎を追え!
5体並ぶ奇妙な黄色い人形。どれが「ケント」なのか?=南風原町津嘉山
黄色い人形の謎を追え!
ツルツルテカテカ口も半開き
>> [No.1532]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>