沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1881]

  • (水)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2021年05月27日[No.1881]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

UNDERBAR CHICKEN (アンダーバーチキン) 那覇市久茂地

(2021年05月27日掲載)

チキンオーバーライスはじめました

 那覇市久茂地、国際通りからも近い場所でアメリカ生まれの屋台ごはん、チキンオーバーライスの食べられるお店ができたと聞き足を運んでみました。大きめの窓から見える、バーカウンターとシンプルなインテリアが目印です。

 チキンオーバーライスはスパイスを効かせた鶏肉をサフランライスに盛り、ヨーグルトソースなどと合わせたのが基本のレシピ。しかし同店では独自にアレンジを加えた10種類をご用意しています。今回は写真の「癖が強いタルタルと照り焼きチキン」と「韓国から来たヤンニョムチキン君」をご紹介します。まず「癖が強い〜」の方ですが鮮やかな紫色のタルタルソースを使用しています。こちらは柴漬けをソースにブレンドしたもので、照り焼きチキンをさっぱりおいしく食べられますよ。そして「韓国から来た〜」はピリ辛に味付けしたチキンが特徴。韓国風の味付けがサフランライスにも合っていてびっくりです。

 オリジナリティ溢れるメニューを考案しているのは、お店のオーナー、伊波清弥さん。チキンオーバーライスを「タコライスのような沖縄の代表的B級グルメにしていきたいです!」と語ってくれました。メニューは全てテークアウト、配達サービスの利用が可能なので、ぜひ好きな場所でお楽しみください。

ランチメニュー

・目玉焼きがいい仕事しているジャークチキン
・大葉がいい送りバントしているハーブチキン
・圧倒的なケイジャンチキン先輩
・上品に生きてきた塩チキンと相棒のネギ
・洋食屋の松田さんが絶賛したチキン南蛮

※ほか全10種、いずれも1000円
※テークアウト、ウーバーイーツでの配達可能

  
UNDERBAR CHICKEN (アンダーバーチキン)
ピリ辛風味が食欲をそそる「韓国から来たヤンニョムチキン君」と柴漬けを使ったソースのかかった「癖が強いタルタルと照り焼きチキン」。いずれも1000円
UNDERBAR CHICKEN (アンダーバーチキン)
伊波清弥さん(左)とスタッフの徳永小夜さん
UNDERBAR CHICKEN (アンダーバーチキン)
お店はでは今後、伊波さんがセレクトした県産品も販売予定。そして近日中には東京都内に支店がオープンするそうです


UNDERBAR CHICKEN (アンダーバーチキン)
UNDERBAR CHICKEN (アンダーバーチキン)

【住所】那覇市久茂地3-5-10 新城ビル102
【電話】098-975-5816
【営業時間】平日 11:00〜22:00 土日祝 9:00〜22:00
【定休日】不定休
【駐車場】無し
【インスタグラム】@un_chicken

>> [No.1881]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>