沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1861]

  • (月)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2021年01月07日[No.1861]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

古民家cafe 喜色(きいろ)  名護市饒平名

(2021年01月07日掲載)

屋我地島の古民家ごはん

 本島から屋我地大橋かワルミ大橋を渡って行く屋我地島。のどかな風景の中に佇む「古民家cafe 喜色」は、約100年前に大宜味村に建っていた民家を移築・改装したカフェ。2012年に喜納朱里(きな・あかり)さんがご家族と営業を始めたこのお店では、歴史と居心地の良さを感じながら食事が楽しめます。

 「母は以前高齢者施設で食事を作っていました。その経験を基に安心安全を心掛け、地元の食材を生かした料理作りをしています」と喜納さん。おすすめは自家製にこだわった「喜色御前」で、ゆし豆腐・季節の天ぷら盛り合わせ・豆腐の肉巻き・もずくシークワサー和えなど盛りだくさん。一緒にいただくさとうきびごはんはモチモチの食感で、ほんのりと甘い香りがします。

 「ゆし豆腐は大豆を丸ごと使いクリーミーに仕上げています。さとうきびごはんは食物繊維が豊富なんですよ」と喜納さん。心を込めた手作り料理はどれも優しい味わいで、心が温まります。

 たくさんの花や木のあるお庭をのぞくと、蜂の巣箱を発見。収穫時期には、採れたての蜂蜜を使ったスイーツも提供しているそうですよ。美しい琉球赤瓦も印象的なすてきな古民家でおいしい食事をいただきながら、ゆったり時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

メニュー
  
・ゆし豆腐セット
850円
・単品:ゆし豆腐(大)
350円
  
・単品:さとうきびごはん
150円
・オリジナルスイーツ
350円から
・ドリンク
400円から

※表記価格は全て税込み

  
古民家cafe 喜色(きいろ)
旬の食材たっぷりの「喜色御前」は1300円(税込み)。お庭で採れたパパイアのチャンプルー他ヘルシー料理が詰まっています
古民家cafe 喜色(きいろ)
古民家cafe 喜色(きいろ)
古民家cafe 喜色(きいろ)
古民家cafe 喜色(きいろ)
「心を込めた手作り料理で歓迎します。ぜひいらっしゃってください」と語る喜納さん


古民家cafe 喜色(きいろ)
古民家cafe 喜色(きいろ)

【住所】〒905-1632 名護市饒平名19
【電話】0980-52-8126
【営業時間】11:00〜19:00(LO=18:00/食事は売り切れ次第終了)
【定休日】月・火曜
【駐車場】あり

>> [No.1861]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>