沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1739]

  • (火)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2018年08月23日[No.1739]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

洋食堂タロウ 与那原町与那原

(2018年08月23日掲載)

食材も身近な、心安らぐ洋の味

与那原交差点近く、野菜ソムリエの資格を持つオーナーシェフの瑞慶覧長由(おさよし)さん、妻のちか子さんが営む「洋食堂タロウ」。「家族で楽しめる町の洋食屋さん」というコンセプト通り、普段使いできるお店として地域に親しまれています。

 独創性に富んだ料理には、県産和牛やあぐー、旬の島野菜、県産チーズなど地元食材を積極的に使用。中でもぜひ試してほしいのが、リピーター続出のビーフシチュー。10年間継ぎ足して作っている自慢のデミグラスソースに、ほろっと崩れるほど煮込んだ大ぶりのお肉。滋味あふれるグリル野菜や、マッシュポテトなども盛り込んだ一皿は、しみじみおいしく、その実力を推し量ることができます。大きくスライスされた自家製フォカッチャとも相性抜群です。

 その他にも、日替わりのメイン料理や野菜スープが彩りよく並ぶ、リッチな味わいの「大人のお子様ランチ」、グラタンにハンバーグと気になるメニューがいっぱい。徒歩1分の距離にある系列店で、フレンチおでんがリーズナブルに楽しめるビストロ「夜ノアシオト」も要注目です。

〜 Menu 〜
  
・大人のお子様ランチ
1380円
・びっくり! チキンまるごとスパイスカリー
1280円
・おっちゃんのこだわりカレー
1080円
・エビマカロニグラタン
1080円
・デザート
各380円

(表記価格は全て税別)

  
洋食堂タロウ
県産和牛を使った「タロウのビーフシチュー(1680円)」。玄米焙煎(ばいせん)を混ぜたライスか国産小麦で作ったフォカッチャ付き
洋食堂タロウ
ジャズが流れる、ほの暗くて居心地のいいレトロ空間。座敷席は予約がおすすめ
洋食堂タロウ
店名の由来でもある愛犬のタロウも毎日一緒に出勤。長由さんのことを「おっちゃん」という愛称で呼ぶちか子さん。仲むつまじいやりとりがほほ笑ましい


洋食堂タロウ
洋食堂タロウ

〒901-1303 与那原町字与那原601-1
☎098(944)0358
営業時間=11:30〜15:00(L.O.14:30)
定休日=月曜・火曜
駐車場=あり

8月29日(水)〜9月2日(日)まで設備工事を予定、その期間のランチは「夜ノアシオト」で提供します



>> [No.1739]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>