沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1730]

  • (月)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2018年06月21日[No.1730]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャイニーズ・ランチ&ダイニング  HARRY’S CAFE  うるま市石川山城

(2018年06月21日掲載)

中華をアラカルトでオシャレに楽しもう

 石川バイパス(国道329号)を走っていると目に飛び込んでくる、白亜の3階建て。その前面には巨大な「中華」の赤い幕。「コンドミニアムじゃないの?」と戸惑いつつドアを開けると、黒と赤でシャープにまとめられた内装に「本当に中華?」と2度びっくり。

 HARRY’S CAFEは見た目の通り、4年前に「ザ・ホワイトリーフ」の名で開業したコンドミニアムですが、バイパスの交通量に着目した瀬長博康オーナーが「スモールレストランを併設しよう」と決意。香港やシンガポールに滞在していた20代の頃に味わった「ラーメンやギョーザではない中華」を再現すべく、名門ホテル出身のシェフを招請し、大吟醸や赤ワインともなじむ料理をアラカルトで提供しています。

 6種類のメニューから1品選べるランチ(11時〜)は、ご飯・スープ・サラダ・ドリンクが付いて1580円。ディナー(18時〜)はすべてアラカルト。ガラス張りのオープンな空間にゆったり流れるジャズを楽しみながら、すてきなひとときをお過ごしください。

〜 Menu 〜ディナーのアラカルト
  
・広東式蜜汁叉焼(焼チャーシュー)の前菜
1280円
・若鶏の冷製(白切鶏)
1180円
・海老のマンゴーマヨソース
1580円
・豚バラ肉の広東風煮込み
1580円
・牛肉のオイスターソース炒め
1580円
・五目炒飯
1350円
・広東式叉焼湯麺
1380円

※価格は全て税別。他にもメニューございます

  
HARRY’S CAFE
中華ランチ「叉焼鶏飯(焼きチャーシューと蒸し鶏のプレート)」(ご飯、スープ、サラダ、ドリンク付きで1580円)
HARRY’S CAFE
ガラス張りの明るい店内。差し色の赤がシャープに効いてオシャレな雰囲気


チャイニーズ・ランチ&ダイニングHARRY’S CAFE
HARRY’S CAFE

【住所】うるま市石川山城814-1
【電話】098(989)7774
【営業時間】ランチ11:00〜15:00(LO14:00)、ディナー18:00〜22:30(LO21:30)
【定休日】火曜ディナー、水曜
【駐車場】20台



>> [No.1730]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>