沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1538]

  • (日)

<< 前の記事  次の記事 >>

「島ネタCHOSA班」2014年10月02日[No.1538]号

理髪店にスロット

 浦添ショッピングセンターのあたりに、店内にレトロなスロットマシンやルーレットがある理髪店があると聞きましたが、本当でしょうか? 興味があるので、ぜひ調べてください!!

(那覇市 レトロ小僧)

理髪店にスロット!?

 ええっ、理髪店にスロットマシン!? またもやびっくりの調査依頼です。何はともあれ、現場に足を運んでみましょう!

レトロな店内

 そんなわけで、浦添市城間の浦添ショッピングセンター裏手の路地をフラフラしていると、理髪店の看板を発見! 「カットスタジオ エクシード」とあります。さっそく扉を開けてみましょう。こんにちは〜。

 すると…。あれ? 理髪店に入ったはずなのに、目の前に広がるのは、1950年代風のレトロなインテリアで埋め尽くされた店内。アンティークなステレオやジュークボックス、テレビ、冷蔵庫、ミシンをはじめ、レコードジャケット、ミニカー、人形、飲料のビン…。いずれも昔懐かしいムード漂う小物がぎっしり壁面を飾り、まるでレトロ博物館のよう。あ、あの、ここ、理髪店なんですよね?

 戸惑う調査員を出迎えてくれたのは、22年この地で理髪店を営むオーナーの豊里智(さとし)さん(54)。「あくまで本業は理髪店。完全予約制で、育毛や植毛、かつらにも対応しているのも売りなんですけどね」と前置きしつつ、10年ほど前から「髪を切るだけでなく、目で楽しんでもらえるように」レトロなアイテムを置き始め、徐々に増やしていったと話してくれました。

 驚いたのは、店内にある製品のほとんどが実際に「動く」こと。リサイクル店や米軍のフリーマーケットなどで見つけたものを、豊里さんが自分の手で修理や改造を施し、使える状態にしているそう。冷蔵庫やテレビはもちろん、店内に置かれた50年もののバイクにしても、ただの飾りではなく、動かすことができるのだとか。

 本職ではカットひとすじの人生を歩んできたという豊里さんは、実は沖縄工業高校の機械科の卒業生。もともと素養はあったようですが、それにしてもすご〜い!!

ユニークなサービス

 豊里さんものづくりの腕前や、店内を飾るレトロなアイテムは、お客さんへのサービスにもしっかり生かされています。

 まず、髪を切ってもらう時、シートにじっと腰掛けていると、体が蒸れてしまうことがありますね。でも、ご安心ください。そんな時には、シートの肘掛けの下に設置されたホースから風が吹き、体をクールダウンしてくれます。この送風機の仕組みは、豊里さんのアイデア。もちろん自作で、お客さんにも好評だそうです。

 カットとシャンプーを終えると、豊里さんはスロットマシンに向かいます。えっ、スロットで何を…、と思いきや、マシン前面のパネルを開くと、なんとウオーターサーバーが出現! レバーを引けば、水やお湯が出る仕組みになっています。面白〜い!!  思わずはしゃぐ調査員に、「スロットマシンでも遊べますよ」と豊里さん。やってみると、本当にスロット盤が回転しました!

 そして会計の際にも思わぬ楽しみが。カウンターのテーブルに設置されたルーレットを回して、当たれば割引などの特典がもらえます! 「子どもに好評ですよ」との話ですが、これは大人でも楽しめますね。

 店内には、ほかにも面白いアイテムが満載。訪れるたびに驚きがあるよう、常に新しい工夫を考えているとのことですので、これから何が増えていくかも楽しみです!



このエントリーをはてなブックマークに追加


理髪店にスロット
豊里智さん
理髪店にスロット
「カットスタジオ エクシード」の店内。まるでレトロ博物館!?=浦添市城間
理髪店にスロット
会計カウンターのテーブルにはルーレットが。当たれば割引などのサービスがあるそう
理髪店にスロット
シートの肘掛けに設置されたホースから、蒸れ対策の風が吹く仕組み。レトロなSF映画のようです!
理髪店にスロット
スロットマシンの前面パネルを開くとウオーターサーバーが出現! スロット盤も実際に回ります
>> [No.1538]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>