沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1515]

  • (火)

<< 前の記事  次の記事 >>

「島ネタCHOSA班」2014年04月24日[No.1515]号

県民はカレー食べない

 沖縄は、全国に比べてカレールウの消費量が少ないと聞きました。子どもも多いし、意外でした。何か理由があるのでしょうか?  (浦添市 Aさん)

県民はカレー食べない!?

 本当ですか? 国民食ともいわれるカレーライス。皆さんあまり食べないの?
 消費量の根拠を探すと、ありました。総務省統計局の「家計調査」です。全国の県庁所在地を中心に、抽出した家庭への調査を毎月行っています。
 最新の那覇市の2011年〜13年のカレールウの年間平均購入数量を見てみると、本当だ、全国最下位です。全国平均が1681g、トップの青森市が1974g、那覇市は1395gです。4皿用ルウ1箱が90gなので、トップとは年間6箱強の差になります。

レトルトにシフト

 売れ行きを調べるため、向かったのは浦添市大平の大平りうぼう。店長の新里憲司さんとアシスタントマネージャーの上原貴子さんによれば、カレールウ市場は縮小傾向にあるのだそうです。

 「以前はカレー売り場の半数以上がルウでしたが、2012年ごろからレトルトの割り合いが50%を上回っています」と上原さん。温めるだけの手軽なレトルトは、お年寄りも購入していくそうです。「一人暮らしだと、『鍋でカレーを作っても食べきれない』と言われるんですよ」と新里さんは客の声を紹介します。

炒め物文化原因?

 カレールウを作る側はどう見ているのでしょうか。那覇市前島のエスビー食品沖縄ビジネスユニットのゼネラルマネージャー、寺岡明寛さんに聞きました。

 「現時点でルウは15、レトルトは12ブランドを展開しています」。ルウの方が多いんですね。

 「ただ、5年前と比較するとレトルトは120%に伸びています」。なるほど、やはりレトルトが売れているんですね。

 ただ、4年前に沖縄に赴任して、驚いたことがあるそう。

 「まず味の好みです。全国的には中辛、辛口、甘口の順で売れますが、沖縄は中辛、甘口、辛口なんですよ」

 子どもが多いエリアの店舗では甘口の売り切れが出るなど、地域性を反映しています。

 「沖縄は国内の人口の約1%。でも、ルウの消費は0・85%なんですよ。独特の食文化だからだと思います」

 寺岡さんによれば、沖縄の圧倒的な「炒め物文化」が要因の一つではないかとのこと。そういえば、家計調査の中で「油脂」の消費が全国第二位です。「煮込み料理をあまりしないんじゃないかと思うんですよね」と寺岡さん。その理由として、共働きが多く、子育てに忙しいため食事作りに時間を掛けられない、お年寄り世帯が多いことを挙げます。

 「それと、缶詰文化ですかね。缶詰のシチューは強力なライバルかもしれません」

 ツナ缶、ポーク缶などの消費が多いことから、開けてすぐ食べられる、温めてすぐ食べられる缶詰の存在も、ルウを使い一から仕込む料理をなかなか作らない理由の一因かも。

 「でも、沖縄の人はカレーを好きではあると思います。実は、カレー粉の売れ行きは悪くないんですよ」

 チャーハンや天ぷらに使うなど、日常的にカレー味を楽しんでいる家庭が多い? そういえば、食堂の黄色いカレーも粉から作られていますね。

 「それと、沖縄は食生活に、保守的な傾向があるんです」

 同社では、毎年新商品を発売するそうで、今春はルウ7、レトルト8ブランドを発表しました。しかし、新製品は沖縄では売れ行きがあまり良くないのだそうです。調査員も、実家にいつもあったルウを購入しています。それに、実家はいつ訪れてもチャンプルーのような気が…。

 「沖縄ではカレーにピーマンやポーク缶を入れると聞きました。カレーは、各地で独特の具材で食べられていることが多いようですね」

 なるほど、国民食として親しまれているゆえんですね。

 「現在は、時短料理が求められます。たとえレトルトでも、カレーを選んでくれたらうれしいですね」と寺岡さん。もちろん、今夜はカレーで決まりと、想像するだけでおなかがすいてきた調査員でした。



このエントリーをはてなブックマークに追加


県民はカレー食べない
新里憲司さん(右)と、上原貴子さん
県民はカレー食べない
寺岡明寛さん
県民はカレー食べない
ルウやレトルトカレーなどが並ぶコーナー=浦添市大平の大平りうぼう
>> [No.1515]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>