沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1488]

  • (日)

<< 前の記事  次の記事 >>

「島ネタCHOSA班」2013年10月10日[No.1488]号

車屋の掲示板に昔話

 西原町にある森川ゴルフレンジの近くに面白い車屋さんを見つけました。一見、普通の車屋さんなのですが、電光掲示板が笑えます。「ブタブタブタ」や「むかしむかし〜」など、車に関係ないことが書かれています。どういう意味があって流れているのでしょうか。調べてください。

(与那原町 23歳 よーすけさん)

車屋の掲示板に昔話?

 車屋の電光掲示板といえば、一般的には「営業時間○○時〜」とか「スタッフ募集中」などが流れているイメージです。「ブタブタブタ」って、なんでしょう? また、昔話を流したところで最後まで読む人はいるのでしょうか? 突っこみどころ満載です。 一体どんな車屋なのでしょうか。早速調査して参ります。

購入者への特典?

 西原町森川にある「オールスター株式会社」にやってきました。店の前にはうわさの電光掲示板が。見てみると「営業中〜」「7万円分オプション付き〜」など、お得情報も交えた普通の掲示板。その後、「ブタブタブタ」「ブタの丸焼き」「タルト20個」と、たて続けに流れる驚き情報に思わず目をこする調査員。何だ今のは…?代表取締役の大隈哲也さん(40)に聞いてみました。

 えぇ〜と、何から聞いて良いか分かりませんが、この電光掲示板に書かれている「ブタブタブタ」などは一体何のことなのでしょうか?

 「ここに流れている情報は、車を購入してくれた人への特典なんですよ。他にも『うまい棒100本』や『ギョーザ150個』などもありますよ」と、大笑いする大隈さん。

 特典のことだったんですか。昔話が流れるのはどういう意味があるのですか?

 「あれは木曜日限定で流しています。理由は定休日だからです」

 定休日だから? うーん、ちょっとよく分かりません。その話を最後まで読む人はいるのでしょうか?

 「いませんね(きっぱり)。そもそも、最後まで流していないんですよ。『浦島太郎』の途中で『桃太郎』の話に変わったりするので、内容はごちゃごちゃです」

 やっぱりよく分かりません。特典の内容も含めて、どうしてそのような情報を電光掲示板で流しているのでしょうか? 大隈さん、もう少し説明をお願いします。

 「ほとんどノリ、というか、その場で思いついたのでやってみました。通常の車屋さんの電光掲示板って、どれも似たようなものばかりな気がするし、この店ならではの特徴がほしかったんですよね」

 この特典商品はその場でもらえるのですか? 「ブタの丸焼き」は、購入した車と一緒に客に渡すのでしょうか?

 「いえ。独自で作った商品チケットがあるので、お客さまには車と一緒にチケットを渡して取りに行ってもらっています」

 なるほど。今後も新しい特典を出す予定はありますか?

 「分かりません。思いつきでやるかもしれませんし、まだ何も考えてません」

早さのアピールも

 なんてユニークな店だったのでしょうか。しかし聞くところによると、もう一件、面白い車屋さんがあるのだとか。

 やってきたのは浦添市大平にある「民間車検場 大栄自動車」です。店前にどーんと立つ「焼肉車検」と書かれた看板。330号を通る際に不思議に思っていた人は多いのではないでしょうか。長年、同社に勤める大城義久さん(69)に話を聞きました。

 大城さん、この「焼肉車検」とはどういう意味なのでしょうか?

 「これはね、『ここに車を預けると、近くにある焼き肉屋さんで食事をしている間に車検を終わらせますよ〜』っていう意味なんですよ。よく『ここで焼き肉が食べられるんですか〜?』なんて言う人もいるけどねぇ」

 ほほう。車検の早さをアピールした看板であるというわけですね。この道を通るたびに目にしていたのですが、いつから設置しているのですか?

 「う〜ん。もう15年ぐらいになりますかねぇ〜。もしかしたらもっと長いかも。来年あたりには別のサービスを考える予定なので、『焼肉車検』も今年で終わるかもしれません」

 そうなんですか!? なんだか寂しくなりますね。

 県内の車屋には、面白いサービスがあり、理由もそれぞれユニークでした。今後もどんなアイデアが生まれるのか楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


車屋の掲示板に昔話
大隈哲也さん
車屋の掲示板に昔話
「ブタブタブタ」と流れる電光掲示板=西原町森川
車屋の掲示板に昔話
15年以上設置されている「焼肉車検」の看板=浦添市大平
車屋の掲示板に昔話
大城義久さん
>> [No.1488]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>