沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1866]

  • (日)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2021年02月11日[No.1866]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

喫茶ジャーン 八重瀬町仲座

(2021年02月11日掲載)

遊び心いっぱい、新感覚の喫茶店

 八重瀬町の国道331号沿いに新感覚の喫茶店がオープンしています。その名も「喫茶ジャーン」。中に入って驚かされるのは独特のインテリア。昔懐かしいレトロな雰囲気を基調としながらも、随所にビビッドな色彩が用いられています。「コンセプトは『ネオレトロ』。新しいものと古いものをミックスさせているのが特徴です」とオーナーの喜屋武宰知さんは話します。

 喫茶ジャーンがあるのは、古くから営業を続ける岩盤浴施設「石のゆ 伊の前館」の館内(喫茶店のみ利用可)。喜屋武さんのお母さまが営んでいた喫茶店を昨年6月にリニューアル。エステ施設「Stella salon(ステラサロン)」も併設し、岩盤浴・エステも利用しながら半日のんびりと楽しむお客さまもいらっしゃるそう。

 オムライスやパスタなど昔ながらの喫茶店メニュー、リニューアル前からの人気メニュー「バジルそば」に加え、2月からは新たな看板メニューとなる「ボンゴ バンゴ メキシコ」も新登場。架空の民族料理というユニークなコンセプトのオリジナル料理です。酸味がありスパイシー、飽きの来ない風味をぜひお試しあれ。

メニュー
  
・特製バジルそば
750円
・ボンゴ バンゴ メキシコ
900円
  
・懐かしのオムライス
750円
・大人の贅沢ジェノベーゼ
900円
・欧風ビーフカレー
700円

※全メニューテイークアウト可能
※表記価格は全て税込

  
喫茶ジャーン
バターライスに焦がしチーズ、ハラペーニョ、豆、レッドオニオンなどを載せ、ライム果汁をかけていただくオリジナル料理「ボンゴ バンゴ メキシコ」(900円)
喫茶ジャーン
インテリアは「ネオレトロ」がコンセプト
喫茶ジャーン
(左から)オーナーの喜屋武宰知さん、スタッフの喜屋武志野さん、喜屋武のぞみさん


喫茶ジャーン
喫茶ジャーン

【住所】八重瀬町仲座270番地(平和記念公園近く)
【電話】098−998−0255
【営業時間】平日 11:00〜18:00(LO=15:00)
土曜 11:00〜19:00(LO=18:00)
【定休日】日曜、月曜、水曜
【駐車場】有り

>> [No.1866]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>