沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1721]

  • (金)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2018年04月19日[No.1721]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャムビントウ 中城村南上原

(2018年04月19日掲載)

本場のシェフが作るタイ料理

 中城村南上原、琉球大学にほど近い場所に本格タイ料理を提供する食堂「シャムビントウ」があります。シェフのスリネット・サワンさんはタイ東北部、コンケン県の出身。タイ料理人として30年以上のキャリアがある大ベテランです。
 サワンさんに、料理を作る際のこだわりを聞くと「僕は長いこと料理人をやってるから何でも簡単に作れちゃってそういうものはないなあ」と笑顔で答えます。ハーブやスパイスを駆使した料理はとても味わい深く、エキゾチックな風味を堪能できます。
 今回提供してもらった鶏肉料理・カオマンガイは、シンプルながら、だしやソースの味わいが絶妙。トムヤムクンはレモングラスの香りとエビやパクチーの彩りが食欲を誘います。唐辛子を多用することで有名なタイ料理ですが、シャムビントウでは、辛さのレベルを4段階の中から選んで注文することができます。また、ハニーチキン(890円、税別)など、辛いものが苦手な方も安心して食べられるメニューも。
 沖縄にいながら、現地の雰囲気を感じることができるお店です。

〜 Menu 〜
  
・チキンカレーライス
590円
・ガパオライス
890円
・グリーンカレーライス
890円
・ガイヤーン
890円
・パッタイガイヤーン(麺)
890円
・タピオカココナッツミルク
159円

(価格は全て税別)

  
シャムビントウ
ボリュームたっぷりのカオマンガイ(左、890円税別)とエビが豪華なトムヤムクン(890円税別)
シャムビントウ
シェフへのインタビューを通訳してくれた従業員ヨンさん(左)とシェフのサワンさん
シャムビントウ
店舗外観。シャムビントウとは「タイのお弁当」という意味


BABY BABY HAMBURGER & BOOKS(シャムビントウ)
シャムビントウ

【住所】那覇市牧志3-11-12
【電話】080(3952)0416
【営業時間】12:00〜19:00(売り切れ次第終了)
【定休日】木曜、金曜
【駐車場】なし



>> [No.1721]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>