沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1681]

  • (水)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2017年07月13日[No.1681]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

楊の店 那覇市牧志

(2017年07月13日掲載)

台湾のとろとろ豚肉ごはん

 那覇市牧志、サンライズなは通りにある「楊(ヤン)の店」。台湾出身の楊鳳英(ヤン・ホンエイ)さんの手料理が食べられる人気店です。
 家庭料理をはじめとした庶民的な台湾メニューの中で、昼夜とも注文が多いのは「滷肉飯(ルーローファン)定食」。日本風にいうと「煮込み豚肉ごはん」で、台湾では食堂や屋台、フードコート他いろんな場所で食べられるファストフード・メニューですが、「豚肉の煮込み方と味付けが腕の振るいどころ」と楊さん。
 「しょうゆベースの甘からタレで豚肉をやわらかく煮て、台湾の調味料などを隠し味で使うのが私流。キュウリなどの青みや肉でんぶ、煮玉子を載せています。お店によって味が違うので、台湾で食べ比べしてみると楽しいですよ」と話します。老若男女問わず愛されているのが、楊さんのルーローファンです。
 お手頃価格で本場の台湾料理が味わえる、と親しまれているこのお店。チマキや餃子はテークアウトでき、ルーローファンもお弁当にして持ち帰り可能です。台湾に旅した時のおいしい食事が忘れられない人もいつか台湾に行ってみたい人も、那覇で台湾の味が楽しめますよ。

〜 Menu 〜
   
* 焼き餃子定食
600円
*水餃子定食
600円
*チマキ(1個)
250円
* 焼き餃子(8個)
500円
* 焼きビーフン
600円
* 台湾大根もち
600円
* 冷やし鶏
600円
* 空芯菜炒め
500円
楊の店
台湾の庶民料理「滷肉飯(ルーローファン)定食(600円)」は、スープと小鉢付き。昼でも夜でも注文でき、小鉢の中身は日替わりです
楊の店
常連客や県内在住の台湾人、観光客で連日にぎわう店内は台湾ムードであふれています


楊の店
楊の店

【住所】那覇市牧志3-4-8
【電話】090(1944)7572
【営業時間】12時〜21時(LO=20時30分)
【定休日】定休日=水曜日(※日曜日も休みの場合があるので要確認)
【駐車場】なし


>> [No.1681]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>