沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1658]

  • (火)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2017年02月02日[No.1658]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国料理 獅子の茶樓(シーサーのちゃろう) 南風原町津嘉山

(2017年02月02日掲載)

本格中華コースをお気軽に

 南風原町津嘉山、津嘉山南交差点の近くに店を構えて12年の「中国料理 獅子の茶樓」。ホテルの料理長の経験を持つ店主、金城美好さんが腕によりをかけた本格中華コースをリーズナブルな料金で堪能できると人気です。
 ランチコースは1300円の「普洱(プーアル)茶のランチ」と1600円の「茉莉花(ジャスミン)茶のランチ」の2種類。
 今回いただいたのは「茉莉花茶のランチ」。まず、驚かされるのがオードブルの小皿盛り。ミニチュアの塔の中に、小皿が四段に重ねられています。
 この日のメインディッシュの彩り野菜とむき海老(えび)の香り炒めとスープも美味。おかずのせご飯、飲茶のセットは彩りの美しさもポイントです。さらにデザートもついて大満足。
 「生年祝いや誕生祝い、結婚前の顔合わせなどにもよくご利用いただいています。貸切も可能ですから、興味のある方はお気軽にご相談ください」と金城さん。気軽なランチからあらたまった席まで、幅広く利用できるお店です。

〜 Menu 〜
* 普洱(プーアル)茶のランチ
オードブル小皿盛り、スープ、メインディッシュ、おかずのせご飯、デザート、普洱茶


1300円
* 茉莉花(ジャスミン)茶のランチ
オードブル小皿盛り、スープ、メインディッシュ、おかずのせご飯、飲茶のセット、デザート、茉莉茶


1600円
※メインディッシュは週替わり
獅子の茶樓
少しずついろいろな料理が満喫できる「茉莉花茶のランチ」。見た目も楽しめ、味も絶品の料理の数々が並びます
獅子の茶樓
ゆったりと落ち着いた店内。テーブル席のほか座敷席もあります


中国料理 獅子の茶樓(シーサーのちゃろう)
獅子の茶樓

【住 所】南風原町字津嘉山1740-3
【電話】098(889)3608
【営業時間】ランチ 12時〜14時半(LO=13時半)、ディナー 18時〜22時(LO=20時)※ディナーは要予約
【定休日】日曜・水曜
【駐車場】8台

>> [No.1658]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>