沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1603]

  • (土)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2016年01月14日[No.1603]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

金門飯店 南風原町照屋

(2016年01月14日掲載)

地元で愛される中華料理

 「南風原の中華料理屋と言えばここ」と地元の皆さんから長年にわたり支持を受ける金門飯店。いち押しのメニューは「十宝菜(1250円、スープ・ライス付)」。中華の定番である八宝菜よりもさらに具材が豊富という意味を込めてのネーミングです。
 おいしさの秘密は毎日仕入れる新鮮な野菜。中華鍋を振り、強い火力で一気に炒め上げることで、野菜本来のおいしさを閉じ込めたシャキシャキの歯ごたえに仕上げています。十宝菜という名前ですが、具材は合計14種類。他店では珍しいセロリ、ブロッコリー、その他の旬の野菜も含まれています。豊富な具材のバリエーションにより、最後まで飽きることなく箸がどんどん進みます。
 地域に愛されている理由を、この道30年の三代目店主・劉茂松さんは「お客さんと従業員のコミュニケーションがあって、居心地が良いんじゃないでしょうか」と謙遜しつつ話します。
 広々とした駐車場もあり、家族連れにもおすすめ。リピーターの多さに裏打ちされた味をぜひご堪能ください。

MENU
* スペシャルランチ(770円)
※日曜祝祭日を除く11時〜14時の日替わりメニュー

770円
* 五目ラーメン
850円
* 牛肉セロリ炒め
1300円
* 北京炒飯
900円
* オードブル※4〜5人前
6500円
金門飯店
14種類の具材が入った十宝菜(1250円、スープ・ライス付)。写真はライス・スープ付き。いずれの一品メニューも単品は150円引き
金門飯店
座敷を中心とした居心地のよい店内


金門飯店
金門飯店

【住 所】南風原町字照屋277-1
【電話】098-889-8625
【営業時間】11時〜22時(LO=21時半)
【定休日】無休
【駐車場】あり(30台)

>> [No.1603]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>