沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1570]

  • (土)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2015年05月21日[No.1570]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

スンドゥブ ドゥビドゥブ 北中城村屋宜原

(2015年05月21日掲載)

旨辛濃厚スープと羽釜じか炊きご飯

 イオンモール沖縄ライカムから車で5分、中部唯一の「スンドゥブ」専門店。
 日本のおぼろ豆腐のような柔かい豆腐の入ったスンドゥブは、大量の国産野菜と牛骨をじっくりと半日煮出したとろみのある濃厚スープです。うまみたっぷりなので辛さの苦手な人でも味わえて、辛いのが好きな人は辛さの度合いを6段階からえらべます。
 ご飯は注文を受けてから一人前用羽釜でじか火炊きしているので、甘み・香り・おこげが楽しめます。カロリーを控えたい人には、ご飯を変更して春雨に。ヘルシーで栄養も満点とあって女性にも大人気です。
 ランチはスンドゥブ・羽釜ご飯・ナムル・生卵のセット。溶き卵をスープに入れるも良し、スープを羽釜ご飯にかけて食べるも良し、食べ方の選択肢が多いのも醍醐味(だいごみ)のひとつです。
 「チーズスンドゥブ」はチーズやバターなどを使った変わりメニュー。店長の伊志嶺亮さんは「ふらっとラーメンを食べに行くような気軽さで来店してほしい」と話します。店長がアメリカのコリアンタウンで出合った新しいかたちのスンドゥブが味わえます。

MENU (ランチセット料金)
*豚スンドゥブ
980円
*チキンスンドゥブ
980円
*ヘルシーきのこスンドゥブ
980円
*チーズスンドゥブ
1180円
*海鮮スンドゥブ
1380円
ドゥビドゥブ
「チーズスンドゥブ」(1180円)。スンドゥブの辛さは6段階以上にも増やせて、羽釜ご飯はおこげを多めにすることができる
ドゥビドゥブ
赤を基調とした飾りのある店内は、本場韓国の雰囲気が楽しめる


スンドゥブ ドゥビドゥブ
ドゥビドゥブ

【住 所】北中城村屋宜原608
【TEL】098-932-2877
【営業時間】
火曜〜土曜11時30分〜15時(L.O14時30分)、18時〜21時(L.O20時30分)
日曜11時30分〜15時(L.O20時30分)
【定休日】月曜
【駐車場】7台 無料

>> [No.1570]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>