沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.2027]

  • (火)

<< 前の記事  次の記事 >>

「島ネタCHOSA班」2024年03月14日[No.2027]号



 名護市の東海岸、久志地域で行われるフラワーフェスティバル。ぜひ出 かけてみようと思うのですが、どんな花が見られますか? 見どころを教え てください。

(西原町 1年マブイ組)

じっくり眺めたい! フラワーフェスティバルへ

 「名護東海岸フラワーフェス ティバル」は2011年に始ま ったイベント。手塩にかけた個 人宅のお庭や、地域の人々が 協力して造ったお庭がオープ ンガーデンとして公開されま す。その中から今回は4件を ご紹介しましょう。

皆勤賞のお庭

 まず訪れたのは大川区、崎 濱初枝さんの自宅のお庭で す。

 「大好きなガーベラを中心 に植えています。苗も自分で 増やしているんですよ」

 崎濱さんが笑顔で紹介して くれました。パナマローズやフユ アジサイ、バーベナも咲いてい ます。テーマは「四季折々の花 が楽しめる庭」。庭造りを始 めて 25 年以上という崎濱さ ん。自宅敷地に接する山の斜 面まで美しく手入れしている ことにも驚きました。

 次に向かったのは三原区、 多和田幸子さんの自宅のお 庭。こちらは国道から集落の 奥に入った場所にあります。 約200種を植栽していて見 応えがありますよ。

 「木と花の高低差を生かし た庭造りをしています。家の まわりをぐるっと一周歩ける のもこだわりです」

 そう話す多和田さん。今年 はランの仲間、エピデンドラム に注力したそうで「エピデンド ラムの咲く庭」がテーマです。

 崎濱さんと多和田さんは、 第1回フラワーフェスティバル から毎回欠かさず出展してい る「皆勤賞」なのだそう。こ こにも驚きです。二人ともイ ベントを通してできた「花友 だち」が県内各地にいるんで すって。

散策も関連イベントも

 次に足を運んだのは久志 区。公民館では区長の安里秋 男さんが、ベゴニアの手入れに 汗を流しているところでした。 久志区は今回からの取り組み として、公民館のお庭と区内 を通る国道329号沿いの花 壇を公開。区民が各家庭で育 てた、自慢の花や観葉植物を 持ち寄って展示する「久志の 森」にも注目です。

 「イベントをきっかけに、集 落を散策してくれたらうれし いね。久志観音堂に行ったり、 浜に出るのも気持ちいいよ」

 集落の魅力も安里さんが 発信してくれました。

 最後はまた三原区から。公 民館前のお庭に案内してくれ たのは区長の伊波安志さん。 フラワーフェスティバル実行委 員長も務めています。咲いた ばかりのホリホックをうきう きと紹介してくれました。

 「3月 16 日には公民館で農 産物展示即売会も開催しま す! フード販売やライブも ありますよ」

 そうアピールする伊波さ ん。期間中はさまざまな関連 イベントもあります。お出か けに合わせて、ホームページな どから情報をチェックしてみて ください。



“じっくり眺めたい!

やんばる風景花街道 第10回名護東海岸 フラワーフェスティバル
場所:久志地域13区各所
期間:~24日(日)
時間:10時~17時
オープンガーデン鑑賞チケット:500円
問い合わせ:0980-51-9446(わんさか大浦パーク)
※各ガーデンの場所、鑑賞チケット購入場所、関連イベントなど詳細はHPから



このエントリーをはてなブックマークに追加


“じっくり眺めたい!
三原区の多和田幸子さん
“じっくり眺めたい!
大川区の崎濱初枝さん
“じっくり眺めたい!
久志区区長の安里秋男さん
“じっくり眺めたい!
フラワーフェスティバル実行委員長の 伊波安志さん(三原区区長)
>> [No.2027]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>