沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1807]

  • (日)

<< 前の記事  次の記事 >>

「島ネタCHOSA班」2019年12月19日[No.1807]号



 先日遊びに行った雑貨屋さんで、ダンボールを再利用したかわいいノートを発見しましたよ。とっても環境への配慮がされている商品なのでは? と思うのですが、どうやって作っているのでしょう。調べてみてください!

(那覇市 空き箱モノレール)

人の手で作るリサイクル商品!rubodan(ルボダーン)

 ダンボールを再利用したリサイクル商品! 県内の企業が使用した後のダンボールから作られる「rubodan」(ルボダーン)のことですね。「オリオンビール」、「南都酒造所」、「チューリップ」そして「ブルーシール」といった企業と提携し、ダンボール箱を確保。企業ごとに特色のある箱のデザインを生かしながら、ノートの他にもレターセットやステッカーを作成しているブランドです。

 調査員が代表者の儀間朝龍(ぎま・ともたつ)さんに連絡を取ってみたところ、ルボダーンの製作現場を見学させていただくことになりました!

一つ一つを手作業で

 調査員が見学に訪れたのは、那覇市にある「公益社団法人 障がい者活動支援センター泉崎」。儀間さんによるとルボダーンは現在県内3カ所の就労支援施設などの作業所で製造を委託しているそう。「支援センター泉崎」では、ブルーシール本社と提携し、アイスクリームなどの輸送用の箱を使った製品作りを行っています。この日は利用者の一人、前田幸一さんが、ルボダーンのノート作りの工程を説明してくれました。

 開いたダンボール箱を水で濡らし、ブルーシールのロゴや図柄の入った表面部分をはがす。はがした部分を乾かしたら、製作するノートの寸法に紙を断裁していく…。ルボダーンに関する作業を始めて約1年になるという前田さん。てきぱきと作業を進めていきます。「ノートの表紙になる部分を裁断するときは、見栄えの良い場所に図柄が来るよう気を使います」とコツも説明してくれました。

 その後もノートを綴じる際には、購入した人がケガをしないようホッチキスの針をきれいに潰す。製本したノートは閉じた際にも美しく見えるよう端の部分を切りそろえるなど、前田さんは丁寧な製品作りに余念がありません。近くで見ていた儀間さんも「僕より上手!」と驚いています。

人にも地球にも優しい

 作業に熟練している前田さんは、全行程を一人でこなしてしまいましたが、「支援センター泉崎」では利用者ごとのペース、得意な作業を大事にしているそう。断裁のみ、包装のみなど、特定の工程だけ行う方もおり、道具の使い方なども一人一人の工夫ややり易さを尊重しています。作業を見守る指導員の新垣仁貴(しんがき・よしき)さんは「こんな風にしなさい、と決まったことは言わないんです」と話します。近くでステッカー作りに励んでいた別の利用者の男性も「他の利用者さんの手も借りながら、商品を形にしているんですよ」と教えてくれました。

 どんなに環境に配慮した製品であっても、製造方法が特殊であったり、人々の手に届きにくいものであれば、その効果はわずかかもしれません。ルボダーンを開発した儀間さんは、特別な道具を使わず、できるだけ多くの人が作業に関われる、という点を大事にしました。人と地球、両方に優しい製品を目指したのですね。

 県民になじみ深い企業とコラボし、見た目もかわいいルボダーンの商品たち。クリスマスプレゼントにいかがでしょう!



rubodan主な取り扱い店舗
D&D DEPARTMENT
宜野湾市新城2-39-8
☎︎098-894-2112

Proots– okinawa local goods store -
浦添市港川2-16-7
☎︎098-955-9887

このエントリーをはてなブックマークに追加


rubodan(ルボダーン)
(右から)「rubodan」の代表・儀間朝龍さん、製作を手がける前田幸一さん、職業指導員の新垣仁貴さん。(那覇市の公益社財団法人 障がい者活動支援センター泉崎で)
rubodan(ルボダーン)
「rubodan」製品の一部。一つ一つが手作業で作られていますが、その丁寧な仕上がりから機械で作っていると思う人も少なくないようです。
rubodan(ルボダーン)
ノートを製本中の前田さん。定規を使い正確に寸法を合わせて作るだけでなく、図柄の配慮にも気を使っています。
>> [No.1807]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>