沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1746]

  • (日)

<< 前の記事  次の記事 >>

「島ネタCHOSA班」2018年10月11日[No.1746]号



 先日、シャンソンコンクールの全国大会で県内の男性歌手が優勝したと、新報に掲載されていました。シャンソンが大好きです。話題のシャンソン歌手って、どんな人ですか。

(那覇市 マドモアゼル花子さん)

イケメンシャンソン歌手!?

 シャンソンって、切々と愛を歌うはるか遠い”おフランス“の歌にしか聞こえない調査員です。そんな勝手なイメージを抱いて向かった先は、与那原町東浜の「あがり浜カルチャーセンター」。そのシャンソン講座のトレーナー、牧あゆみさんに師事する外間守朝(もりとも)さん(37)がその人。会ってみれば、美声で飾り気のない好青年のシャンソン歌手でした。

社会福祉士で歌手

 外間さんが本格的にシャンソンのレッスンを受けたのは、昨年の11月。それから今年8月1日、日本シャンソン・カンツォーネ振興協会(J・C・C)が若手育成に全国4カ所で開催するコンクール地区大会九州予選を勝ち進み、9月18日に東京で開かれた全国大会で39人中から見事優勝の快挙。歌った曲は、「サン・トワ・マミー」でした。

 この間わずか10カ月。急逝した音楽家の高江洲一榮さんに託され、外間さんを優勝に導いた牧あゆみさん、そしてJ・C・C理事の佐藤金之助さん。「昨年北谷町のライブハウスで佐藤さんが『1曲歌ってみなよ』とピアノ伴奏をしてくれて歌ったのがシャンソンを歌い始めた直接のきっかけ」と、外間さん。牧さんは岡山県から、佐藤さんは福岡県から講座のレッスン日に来沖します。

 この師匠二人が外間さんに見いだしたのは、「シャンソンを歌える声」とフランス語で歌える才能でした。外間さんは琉球大学で社会福祉を専攻し、卒業後25歳でカナダのフランス語圏、モントリオールへ2年間留学。移住できるレベルのフランス語の資格を取得するも、滞在費が続かずやむなく帰国したそう。「留学中、フランス語の教材としてよく聞いていたシャンソンにはまった。自分に合っていると思いました」

 外間さんの父親は、沖縄市にある「珈琲専門店原点」の店主、也蔵さん。「父が店で流していたシャンソンも耳になじんだ。高校時代からロックバンドを組んで米軍のクラブでも歌った」とは意外です。

 外間さんの本職が6年前に立ち上げたデイサービス「おやがめこがめ」の経営者なのも意外。ギターの伴奏で懐メロを歌う高齢者が記憶を呼び覚まし、認知症の抑制につなげる音楽療法に取り組む社会福祉士でもあります。

「サン・トワ・マミー」で受賞

 外間さんは、デイサービス「おやがめこがめ」のイメージ曲「おじいのうた」や、カナダ移住がかなわず帰国した心情を吐露した「おうちへかえろう」を作詞作曲。「おうちへかえろう」は、外間さんが琉球大学で音楽療法の講義をした縁から、読谷村伊良皆公民館で夕方5時半に帰宅を促す放送曲に。高音の柔らかいのびのある声で、心を包み込むようなノスタルジックな曲を外間さんが歌っています。

 さて本題。日本でシャンソンといえば、「枯れ葉」「サン・トワ・マミー」が知られます。「シャンソンとは、フランスのはやり歌。自身の過去と対話する物語を感性で歌う。1930年代、宝塚歌劇団が持ち込み日本語訳で根付いた。カンツォーネもイタリアのはやり歌で、日本語で歌うとムード歌謡」と、佐藤さん。

 最後に、お二人に外間さんの優勝の勝因を尋ねると――。「あえてシャンソンの入門曲といわれるサン・トワ・マミーで臨んだ。J・C・Cコンクールはうまく歌うよりも、心に響く歌い方が評価される。外間さんは冷静さと熱い部分を持ち合わせ、自身と対話して歌えるアーティストです」

 調査員がコンサートで外間さんの歌を聞いてみたいと思ったのは言うまでもありません。



ディナーコンサート
太陽nuシャンソン Vol.1

12月2日(日) 17:30開場 18:30開演
クッチーナ地中海(マリンプラザあがり浜内)
7500円(男性)6500円(女性)
ディナー・お飲み物全般
牧あゆみ 佐藤金之助 外間守朝ほか出演
問い合わせ あがり浜カルチャーセンター
☎︎ 098(944)7611(代)

このエントリーをはてなブックマークに追加


イケメンシャンソン歌手!?
外間守朝さん。好きなシャンソンは懐かしい情景を歌った「街角(シャルル・トレネ)1954年」
イケメンシャンソン歌手!?
J.C.C理事の佐藤金之助さんのピアノ伴奏で「サン・トワ・マミー」を歌う外間守朝さん(あがり浜カルチャーセンター)
イケメンシャンソン歌手!?
全国大会で優勝の表彰式。(9月18日東京渋谷区文化総合センター大和田)
>> [No.1746]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>