沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1560]

  • (水)

<< 前の記事  次の記事 >>

「島ネタCHOSA班」2015年3月12日[No.1560]号

30円ドリンクの自販機

 先日、嘉手納町のコインランドリーでドリンクが「30円」で売られている自動販売機を発見しました。試しに10円玉を3枚入れてみると、確かにジュースが取り出し口から出てきて、得した気分になりました。なぜそんなに安く買えるのかとても気になったので、調べてくれませんか?

30円ドリンクの自販機!?

 30円でドリンクが買える自販機があるとは!? 県内では、350㍉㍑入り1本で120円が相場なので、30円だと家族4人分買えます。

 子どものころ、商店でよく買っていた30円のレモンティー(別名「サンティー」)の新手になりそう! どんな商品なのか、ワクワクしました。

 投稿によると、その自販機は、嘉手納町の比謝川にかかる赤い橋の近くにあるとのこと。さっそく行って来ました。

飲み物が全て100円以下

 目的地に到着すると、存在感のある黄色の自販機が目に飛び込んできました。それには、太陽のマークが大きく描かれていて、「毎日激安!販売」と文字が躍り、商品は全て100円以下。

 設置している会社は、有名な赤や青の大手飲料メーカーではないことは定か。しかし、自販機内には、ライバル同士であるはずのメーカー製品が仲良く並んでいます。

 そして、厚紙の値札に「30円」と書かれたドリンクを見つけました。

 その商品を買ってみると、国内製薬会社「エーザイ」が販売している炭酸飲料の「チョコラBB」が出てきました。店で買うと100円以上はする商品で、女性に人気があります。

 ほかにも、話題沸騰中の梨のゆるキャラが描かれたドリンクやいかにも効き目がありそうな栄養ドリンク「スーパーハイオクMAXチャージ」、「パワー全開!SHARK」など名前にインパクトがある商品に、定番のコーラやコーヒーも並んでいて、80円や100円などワンコインで買える飲み物が販売されています。学生がこの値段を見逃すはずはなさそう! この安さだと、大量に買っていく人も多いのではないでしょうか?

 調べるとその自販機は、うるま市に本社がある「MILLION」という企業が設置していることが判明。その安さの秘密を聞きに行って来ました。

 出迎えてくれたのは、少しこわもてな印象の専務取締役の平川隆行さん。さまざまな自販機事業を展開しているエキスパートです。

 30円ドリンクについて質問すると、意外な答えが返ってきました。「30円は、期間限定だったので終了しましたよ。今は、50円で販売しています。スーパーよりも安く、肌にいいと袋を持って大量に買い込む人もいますよ。補充してはすぐに売り切れるほどで、お一人様何本までと数量限定で販売することもあった。このドリンクを飲めば美人になるよ」と、茶目っ気たっぷりに答えてくれました。

 次の30円ドリンクの販売時期は未定だそうで、「サンティー」の代わりには至らなかったものの発見できたことはラッキーでした。

デージ、当たる自販機

 その安さの理由を聞いてみました。

 「普通と同じことをやりたくないんでね。スーパーのように目玉商品をつくろうと思った。大量に仕入れることで安く販売することができるし、ワンコインで買えると客から喜ばれるからね。駐車場やディスカウントショップ、学校などに設置しているけれど、黄色の自販機を探して買いに来る人もいますよ」

 自販機にファンがいるとは、興味深いです。さらに、客に飽きさせないようにしている工夫がありました。

 「飲み物の種類を入れ替えたり、当たりクジ付きの自販機も作っています。当たる確率はかなり、高いよ!」と話します。うるま市の釣具店に設置されていると言うので、行ってみると「超!デ〜ジヨクアタルノダ 当たる」とPOPが張られた、デ〜ジ(とても)当たりそうな自販機を発見。POPの言葉に暗示を掛けられたかのように、買ってみた調査員。結果はというと、見事にハズレ、デ〜ジショックでした。

 人を和ませる自販機。次はどんなワクワクするような商品が出るのか楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


30円ドリンクの自販機
バラエティーに富んだ特価商品が並ぶ
30円ドリンクの自販機
当たりクジ付きの自販機。当選確率は高いという
30円ドリンクの自販機
梨のゆるキャラドリンクは8種類あり、集める子どもも多い
30円ドリンクの自販機
平川隆行さん
>> [No.1560]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>