沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1927]

  • (火)

<< 前の記事  次の記事 >>

「表紙」2022年04月14日[No.1927]号

沖縄を音楽でハグしたい
シンガーソングライター メリー荒木さん

「この海」でつながる人々を思い歌う

 ペルー出身で石垣島在住のシンガーソングライター、メリー荒木さん。優しさと、一本芯が通ったような前向きさを感じる歌声が特徴だ。日系4世の彼女は、自身のルーツがある沖縄にひかれ2018年に移住。現在は、沖縄の文化を学びながら音楽活動を続けている。沖縄への愛や曲に乗せる思いについて話を聞いた。

 ペルーの首都、リマで生まれたメリー荒木さん。母方の祖母タケコ・モロミザト・ヒガさん、父方の祖母ユキコ・マツダ・ウエチさんから沖縄の話を聞きながら育った。県系人が集うコミュニティにも参加し、沖縄料理を味わい、沖縄民謡を聴き、エイサーを踊っていたという。

ペルーから沖縄へ

 音楽活動のきっかけは2011年。両親の仕事の関係で群馬県に滞在していたメリーさんは、ちょうど沖縄で開催されていた「第5回 世界のウチナーンチュ大会」のことを知る。閉会式ではディアマンテス、宮沢和史さん、BEGINのステージを目の当たりにし、世界中から集まったうちなーんちゅが心を一つにした光景に強く心を奪われたそうだ。

 「いつか、私もこのステージで演奏したい!」 

 そんな思いが湧いてきたと話すメリーさん。それまで音楽セラピストとして活動していたが、ミュージシャンとして音楽でうちなーんちゅの架け橋になることを決意。翌年には宮沢さんがプロデュースするイベント「ニッポニア」のペルー公演にサポートアクトとして参加を果たす。続く17年には、アルベルト城間さんの招待で1カ月間県内に滞在したという。この経験が決め手となり、18年に県内へ本格的に移住。夢見ていた沖縄での音楽活動が始まった。

 移住当初は、那覇市内に住んだメリーさんだが、21年からは石垣市に引っ越している。石垣では、豊かな自然を楽しみ、同じ沖縄でも島や地域によって文化や歴史が違う、ということに日々感動しながら過ごしているそうだ。

 「それぞれの島に誇りがある。違いがあるのが美しいなと感じます」とメリーさんは目を輝かせる。

先祖と自身を重ねて

 昨年発売されたシングル『Este Mar(エステ・マール)』。タイトルは日本語に訳すと「この海」という意味だ。

 「行かないでと言えないわ/ずっとあなたのことを考えている」

 そんな歌詞で始まる曲には、彼女のルーツに対する思いが込められている。海を越え、文化の違いを超え、家族と離れる寂しさを超え移民をした人たち…。「曲を作った時は、最初に移民をしたご先祖を思い浮かべていました」と話すメリーさん。しかし、後で気付いたのは、ペルーから沖縄に自分を送り出した両親も同じような気持ちでいた、ということだ。

 「沖縄に出発する前日、お母さんはずっと私の隣にいて荷造りを手伝ってくれました。離れるのは寂しいけど、私には夢があることも知っている。だからお母さんは『行かないで』とは言えなかったと感じます」

 夢や新たな希望に向かう人と、それを見送り後押しする人。両者の切ないけれど温かい感情が折り込まれているのが『Este Mar』なのだ。「離れていてもこの海でつながっている」ということを伝える曲でもある。

 メリーさんは今年夏に、10曲入りのアルバムを発売予定だ。全て石垣島でレコーディングされた一枚は「ビートルズのブラックアルバムのようにノリやすい」とのこと。

 ラテン音楽の華やかさと、晴れた日の海のような優しさを持ったメリー荒木さん。「大好きな沖縄を音楽でハグしたい!」と今日も活動している。

(津波 典泰)



メリー荒木
公式HP https://meliaraki.com/
【インスタグラム】@meli.araki

シンガーソングライター  メリー荒木さん

『Este Mar』ミュージックビデオ

シンガーソングライター  メリー荒木さん





このエントリーをはてなブックマークに追加



シンガーソングライター  メリー荒木さん
シンガーソングライター、メリー荒木さん。ペルー、リマ出身の日系4世(うちなーんちゅ4世)だ。ラテン音楽で培った感性で自身のルーツや沖縄の文化、自然、人々との交流を歌っている。クラシックギターと歌声を響かせながらの撮影は、とても和やかな雰囲気となった
撮影・norico  撮影協力・rat & sheep
シンガーソングライター  メリー荒木さん
メリー荒木さん。音楽セラピストとしても活動しており、ペルーでは障がい者や高齢者を対象に楽器のレッスンも行っていた
シンガーソングライター  メリー荒木さん
「音楽がないと落ち着かない(笑)」というメリーさん。撮影中は愛用のクラシックギターでたくさんの曲を披露。フィンガーピッキングとギターのボディを叩いて音を出すスラム操法にラテン音楽のパッションを感じた。三線も練習中だそう
>> [No.1927]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>