沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1880]

  • (水)

<< 前の記事  次の記事 >>

「表紙」2021年05月20日[No.1880]号

カカオを通して地域づくりを
OKINAWA CACAO(オキナワカカオ)代表取締役 川合 径さん

地域素材を使った商品開発

自然豊かなやんばるで、地域の特産品を生かしたチョコレート作りとカカオの栽培に取り組んでいる「OKINAWA CACAO(オキナワカカオ)」。代表取締役の川合径さん(43)は、カカオで地域づくりをするため、2016年に沖縄にやってきた。現在は輸入したカカオと地元の素材を組み合わせたチョコレートを製造。5年前に種を植えたカカオは、今年初めて収穫にこぎ着けた。

 カカオの事業を通して地域づくりを仕事にしたいと、大宜味村田嘉里に移住した千葉県出身の川合径さん。2016年に「オキナワカカオ」を設立し、地域の特産品を使ったチョコレート作りとカカオ栽培に挑んだ。

 川合さんは半導体商社の営業に7年間従事した後、起業家育成などを行う企業で8年間国内外を回った。そのうちに自らも「地域づくりを仕事にしたいと思った」。選んだのは「沖縄」と「カカオ」。沖縄でカカオを生産し、地元の素材と組み合わせて商品化することに可能性を感じた。「チョコレートは皆が好きなもので、楽しみ方もいろいろ。それを原材料からすべてトレーサビリティー(生産履歴)を明確にして伝えていくことで、この地域の魅力を伝える一つの手段になる」と考えた。カカオ栽培もチョコレート作りも未経験だったが、専門家の協力を得つつ、独学で始めた。

 周りからは無理だと言われた沖縄でのカカオ栽培。カカオの産地は熱帯雨林で「カカオベルト(カカオの栽培地域)は、南北緯20度。沖縄は北緯26度で、圧倒的に冬が寒い」という。それでも大学時代、農学部に在籍していた川合さんは「果樹は生き残っていけば実を付けるもの。時間さえあれば実は付くはず」という信念の下、挑戦を始めた。

 大宜味村田嘉里で一反(約990平方メートル)弱の畑を借りることができ、2016年にビニールハウスと露地に2000鉢分以上の種をまいた。無農薬で栽培し、虫被害や強風、冬の寒さなどの問題に直面するたびに、自ら考え、対策を講じていった。

栽培から製造まで

 3〜4年かかるというカカオの収穫を待つ間、輸入したカカオで商品開発に取り組んだ。地域の生産者たちとの交流も生まれ、カラキ(沖縄シナモン)やシークヮーサー、やんばる酒造の泡盛「まるた」、月桃などの特産品を使った板チョコの他、シークヮーサーピールのチョコレートなど、やんばるの恵みを使ったオリジナル商品を取りそろえる。国頭村浜にある店舗・工房では、カカオ豆からチョコレートになるまで一貫して手掛ける「Beanto Bar(ビーン・トゥ・バー)」製法を導入。カカオ豆の焙煎から、粉砕、成型まで長い工程を経てチョコレートを製造している。今後まとまった量のカカオが収穫できれば、すべて県産素材のチョコレート作りが可能になりそうだ。

カカオの実 収穫が実現

 2000鉢分以上植えたカカオのうち、ビニールハウス内で育つ約200鉢が生き残った。昨年実がなり始め、今年1月末に初収穫。収穫期となる今月は、約60個のカカオを収穫した。川合さんは「実が付くのがゴールではない。今後、収穫した実を発酵させて、どうできるのかを試していかないと」と新たな挑戦に目を向ける。

 「事業を成長させるというよりは、いかに継続させていくかが大事。続けていけば必ず成長する。時間をかけて実をつけてくれたカカオと同様にゆっくり、しっかり成長していきたい」と話す川合さん。カカオを通して次世代に継ぐ仕事などを生み出し、持続可能な地域づくりを目指しているという。今後も沖縄発のチョコレートで地域の魅力を伝えていく。  

(坂本永通子)



OKINAWA CACAO(オキナワカカオ)代表取締役 川合 径さん

OKINAWA CACAO FACTORY & STAND
国頭村浜521
☎ 050-5241-8152
営業時間=11:00〜18:00
定休日=火曜
https://okinawacacao.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加



OKINAWA CACAO(オキナワカカオ)代表取締役 川合 径さん
ビニールハウスでカカオの実に手を添える川合さん=大宜味村田嘉里 写真・村山 望
OKINAWA CACAO(オキナワカカオ)代表取締役 川合 径さん
ビニールハウス内の地面に植えたカカオの木には赤や黄、緑など、色とりどりの実がなる。無農薬で栽培しているため虫とも格闘しながらの栽培だ
OKINAWA CACAO(オキナワカカオ)代表取締役 川合 径さん
カカオの花。幹に直接花を咲かせる「幹生花(かんせいか)」という
OKINAWA CACAO(オキナワカカオ)代表取締役 川合 径さん
大宜味村の畑に、総面積220平方メートルのビニールハウスを2棟設置。名護市の畑でもビニールハウス栽培をスタートした
OKINAWA CACAO(オキナワカカオ)代表取締役 川合 径さん
工房兼店舗に立つ(右から)川合さん、店長の駒井美咲さん、仲間美穂さん=国頭村浜
OKINAWA CACAO(オキナワカカオ)代表取締役 川合 径さん
カラキ(沖縄ニッケイ)をパウダーにしてカカオ豆と合わせた「カラキチョコレート」(左)と「シークヮーサーピールのチョコレート」
>> [No.1880]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>