沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1829]

  • (水)

<< 前の記事  次の記事 >>

「表紙」2020年05月28日[No.1829]号

毎週開催!
まーちゃんの産地直送・島笑い『お笑いニュースペーBar』

記事で遊ぶ!?まーちゃん流新聞の楽しみ方

 レキオ第1・第3週で好評連載中の「自作自演相談室」はじめ、琉球新報本紙りゅうちゃんクラブ内「まーちゃんのお笑いニュース道場」の執筆も担当している、「まーちゃん」こと小波津正光さん。2019年秋よりライブイベント「お笑いニュースペーBar」を、琉球新報社の社屋で毎週行っている(現在は無観客で開催中)。独自の視点で新聞をネタにするまーちゃんに思いを聞いた。

 リアルタイムで届けるお笑いを大切にしているまーちゃんが続ける「お笑いニュースペーBar」。漫談披露の「スタンダップコメディー」と、動画配信をしながら新聞記事を紹介するライブイベントで、3月までは観客の前で行っていた。

「水曜日の夜にお客さんとゲストに来ていただき、琉球新報社のみなさんも見てくれて順調でした。飲み物を販売して交流の場になっていましたよ」とまーちゃん。

 新しいエンターテインメントの発信の場にしたいと意気込み、地域とのつながりも広げようとしていたがコロナウイルス感染拡大防止のために観客の入場は中断。現在は動画配信のみ行っている。

百年前、帽子が沖縄名物!?

「出演者はテレワークを試しながら毎週実験中(笑)。コラボレーションで生まれる新しい面白さが好きなので相方は芸人ではない2人のスタッフ、赤司さんと大久保さん。即効性が求められる今、情報豊富な新聞をどう料理しようか楽しんでいます」

 共演する赤司舞さんは、お笑いライブの撮影担当者としてまーちゃんと知り合った。

「出演話をいただいた時はびっくりしましたが、だんだん楽しくなってきました」私が一般女性の感覚で番組に関わる赤司さんは、観客・視聴者に寄り添う存在のようだ。

 もう一人の共演者、大久保謙さんは仕事上のパートナーでもあるマネージャー。

「沖縄の歴史に触れたくて、約百年前の琉球新報の記事を紹介しています。にぎわう町の様子や戦争で失った物を知り、想像力が膨らむといいですね」と大久保さん。

「記事を読むと生き生きしているウチナーンチュの姿が伝わってきます。百年前に舞台役者の人気投票をやっていて、AKBと同じだと思ったし、驚いたのが帽子産業が沖縄の主要産業だったこと!」とまーちゃんが続ける。

 「現代社会に生かせるヒントが隠れていますし、新聞というメディアの主張する原点や熱量を感じます」とまーちゃんは語った。

 さらにまーちゃんは直近の記事をピックアップ。「コロナウイルスの危険性を知る事は大切だけど、米軍普天間飛行場から流出した泡消火剤も危ない物。身近で起きている事の重要性を伝えたい」と配信への思いを述べた。

新聞記者が裏話を披露!?

 会場提供などで共催しているのは琉球新報社。読者事業局の松永勝利さんは「新聞を活用したお笑いの空間づくりは、願ったりかなったりです」と語る。

 他県からの観光客がライブイベントを見て購読者になったケースがあり、また若い世代が新聞を読みたくなるライブイベントの成長に期待する。 「まーちゃんは記者を舞台に上げたりするので、取材の裏話をする場にもなっています。新聞をお笑いとして観客と共有できるのは新鮮です」と、楽しみながら参加している松永さん。「まーちゃんの放つエンターテインメントを軸に、世代を超えた笑いを提供する空間にしていきたい」と今後の協力も約束した。

「再開後は、飲み会前のゼロ次会として集まってください」と呼び掛けるまーちゃん。

「新聞紙面では伝わらない広がりや温かみを感じる遊び場にしたい。僕はやりたい事をやっているだけですがみなさんが喜び、僕に構ってくれたら最高です(笑)」

「お笑いニュスペーBar」の他、月曜〜土曜は毎晩ツイキャス配信し、とにかく動いているまーちゃん。6月開催予定の「お笑い米軍基地」は公演中止を決めたが、代わりに本を製作し新作DVD付きで販売を計画中。目が離せない芸人さんだ。

(饒波貴子)



このエントリーをはてなブックマークに追加



まーちゃんの産地直送・島笑い『お笑いニュースペーBar』
沖縄を代表するお笑い芸人の「まーちゃん」こと小波津正光さんが、毎週水曜日に「お笑いニュースペーBar」を開催中。生配信番組で直近の新聞記事や約百年前の県内の話題を紹介するなど面白さたっぷりでお届けしている。琉球新報社で行っているこのライブイベントは、現在新型コロナの影響で無観客で実施中だが、6月3日(水)からは観客入場の再開を計画中だ。写真右は一緒に番組出演するマネージャーの大久保謙さんと技術スタッフの赤司舞さん(左)=5月13日、那覇市の琉球新報社で撮影 写真・村山 望
まーちゃんの産地直送・島笑い『お笑いニュースペーBar』
「まーちゃん」こと小波津正光さん
まーちゃんの産地直送・島笑い『お笑いニュースペーBar』
(左)マネージャーの大久保謙(おおくぼ・けん)さん。(右)技術スタッフの赤司舞(あかし・まい)さん
まーちゃんの産地直送・島笑い『お笑いニュースペーBar』
言いたい放題、まーちゃんらしさ炸裂のスタンダップコメディーショー。再開が待たれる
まーちゃんの産地直送・島笑い『お笑いニュースペーBar』
琉球新報社・読者事業局特任局長松永勝利(まつなが・かつとし)さん
まーちゃんの産地直送・島笑い『お笑いニュースペーBar』
お笑いニュースペーBar
日 時:毎週水曜日/開演18時30分
会 場:琉球新報社1階 エントランス
(那覇市泉崎/☎︎098-865-5255)
入場料:500円(+1ドリンク別途300円〜)
<6月3日(水)より観客入場再開予定>
※詳細は公式Twitter・HPにて
Twitter:@maachan582
https://www.kohatsumasamitsu.com
>> [No.1829]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>