沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1359]

  • (月)

次の記事 >>

「表紙」2011年04月14日[No.1359]号

お仕事燃焼系 魅ちびけ!インストラクター15

お仕事燃焼系 魅ちびけ!インストラクター15(2011年04月14日掲載)

音楽に合わせてキック、パンチ
ボディコンバット 本村あゆみさん

 キックボクシング、ボクシング、空手、テコンドー、ムエタイに太極拳などの動作を取り入れて、音楽に合わせてダイナミックにパンチやキックを繰り出すボディコンバット。引き締め効果が高く、ストレス解消にもなるとあって、男女を問わず人気の高いレッスンだ。リードするのは、本村あゆみさん(45)。無駄のないしなやかな体型は、参加者の憧れの的だ。

いつまでもカッコ良く 楽しさ、喜び引き出す

 「元々キックボクシングが好きで、習ったこともあるし、自己流でエクササイズをやったりしていたんです」と言う本村さん。1988年にスポーツクラブに就職したのをきっかけに、エアロビクスのインストラクターになった。90年代半ばに、ボクササイズが流行した頃は、妊娠出産時期と重なり、自分ではできずに悔しい思いをしながら、それでもプロデュースだけはしていたという。「ボディコンバットの存在は、2000年頃から知っていて興味を持っていました。それで、2005年にコナミスポーツ沖縄ができた時に、好きな分野に進出するチャンスだと考えて、インストラクターになったんです」。

 ボディコンバットの魅力は、お客さんとのパワーの交流だという本村さん。レッスンを見ていると、皆がどんどんその気になっていくのがわかる。スタジオが目に見えないエネルギーで満たされていくようだ。60分のレッスンで10曲の音楽を使い、曲ごとにパンチのコンビネーション、キックとパンチのコンビネーション、ムエタイの動作などを集中して行う。激しい動きを連続して行うが、夢中になるとあっと言う間に曲が終わってしまうという。格闘技系の動きなどしたことのない女性でも、インストラクターに従って繰り返しているうちに、段々とサマになってくる。素早い動きやバランスを取る動きなどで、多くの筋肉を動員するので、燃焼効果は抜群。交感神経にも刺激を与えるので、ストレス解消にもなる。そして何より楽しそうだ。

 「フォームをきちんと学ぶことでより大きな効果が期待できます。胸、背中、お尻、太腿、そしてもちろん腹筋にも効きますよ」。本村さんの腹筋がその効果を物語っている。とても高校生と中学生の2人の子どもがいるとは思えない。繰り出したパンチを素早く引くことで、二の腕が引き締まる。キックのフォームを意識すれば、体幹の筋肉が鍛えられる。全身を余さず使うことで、運動能力向上にもつながる。

 小学生時代は体育が嫌いだったという本村さん。「きっかけは人それぞれだと思いますが、ボディコンバットを通じて、スポーツの喜びを知ってもらえたらと思っています。最初は動きが難しいかも知れませんが、スカッとしますよ。初心者向けのクラスもあるので、新しいファンをどんどん増やしたいと思います」。

 今、2人の息子さんと一緒にキックボクシングを習っているという本村さん。ご主人の本村昇盛さんは、55歳まで現役を続けたプロの競輪選手というスポーツ一家だ。今後の目標を聞いてみると、「何歳までカッコ良くできるか挑戦したい」という答えが返ってきた。本村さんのレッスンには、シニア世代の参加者も多いとか。それぞれのペースで楽しんで動き、心も体もスッキリするのを実感しているようだ。「いくつからでも運動を始めるのに遅いということはないと思います。私でもできるから頑張ってと声をかけられるように、常に自分自身、体を引き締めてそれを維持しなきゃいけないのは大変ですけどね。それでも、好きなことだからなるべく長く続けたいと思います」


音楽に合わせてキック、パンチ
見事なキックを披露する本村あゆみさん=コナミスポーツクラブ沖縄
音楽に合わせてキック、パンチ
もとむらあゆみ 45歳 愛知県出身。2000年に沖縄出身のご主人、2人の息子さんとともに沖縄へ移り住み、エアロビクス、ボディコンバットなどのインストラクターとして活動。大の犬好きで、趣味は大型犬の世話をすることと英会話の勉強。
音楽に合わせてキック、パンチ
スポーツの喜びを伝えたいと本村さん
クリップ

 ボディコンバットは、レスミルズインターナショナルの格闘技系プログラム。音楽に合わせて、パンチやキックなどのコンビネーションを行う。脂肪燃焼効果には定評がある。沖縄では、コナミスポーツクラブ沖縄でレッスンを行っている。初心者用の15分のプログラム(ボディコンバットテック)から、30分、45分、60分のレッスンまである。

コナミスポーツクラブ沖縄 TEL098-941-5736

編集・奈須川さと子/写真・國吉和夫
>> [No.1359]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

次の記事 >>