沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1901]

  • (木)

<< 前の記事  

「ワシントコポスト」2021年10月14日[No.1901]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

孫との会話

 4人の孫がいます。中学1年の子に「スマホで調べたいのがあるので教えて」と言うと、「えー、ばーちゃんに教えるのは難儀」…。

 小学4年の子に「『鬼滅の刃』で誰が好き?」と聞かれました。キャラクターの名前を出していろいろ話してきます。「誰も知らない」と言うと、「えー、なんで。ほんとに知らないの?」と不思議そうに聞きます。

 小学2年の子、ルアーのこととかいろいろ話してきて、「知らない」と言うと「じゃあ、竿ってわかる?」と言うので、「竿わかるよ」。「針は?」「針とおもりもわかるよ」。魚の名前も、あれこれ出てきます。「たかさごはグルクンでしょう? おじさんという魚もいるよ。ひげが生えているから、おじさんって言うんだよ」と教えてくれます。

 5歳の子、ユーチューブを見て一生懸命歌っています。文字も読めないのに聴いたことのない歌を歌っています。「なんていう歌なの?」と聞くと、「ばーちゃん知らないの? 『香水』だよ」。あーあー、会話についていけない。いままで老人と認めたくなかった自分。素直に老人だと認めます。ジェネレーションギャップを感じました。

(那覇市 エビバーガー)

(編コメ)今度はエビバーガーさんが知っていることを、お孫さんたちに教えてみては?

秋の夜長

 まだまだ残暑厳しき沖縄。でも確実に秋は来ています。眠れぬ夜の長いこと。友人に手紙を書き日記を記し、さて、後は何をすればよいやら途方に暮れます。

 原稿用紙など開いてペンを執る。何やら切ない文面に辟易(へきえき)して全く進みません。横になればランランとして寝る様子もない。起き上がっては横になる、の繰り返しが延々と続きます。現在、真夜中午前2時。さて、頼みの綱はワシントコポストにメールを打つばかりです。何の話題もないまま打ち始めて、これもまた、進まない。

 すみません、眠れぬ夜長、誰かにメールを送信したかっただけね…おとなしく、眠れないなりに過ごしましょう。寝れないのは今に始まったことじゃなし、術(すべ)は心得ているつもりです…。

(うるま市 さざんがクー子)

(編コメ)先月いただいたお便りです。眠れぬ夜は、いつでもワシントコポストへメールを!

>> [No.1901]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事