沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1900]

  • (木)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ワシントコポスト」2021年10月07日[No.1900]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

感謝しています

 わが愛車は14歳。暑さで悲鳴をあげたかスーパーの駐車場でクラクションが鳴りやまず、あちこち押してもやまず。一人の男の人が来てくれて、ポンポンと叩いたら止まりました。

 礼を言って出ようとすると、また鳴り出し、帰りかけていたその人が戻ってきて見てくれましたがなかなかやまず。スーパーの人も出てきて修理工場に電話してくれたり、周りに人も集まったりして、ここだ、あそこだとしていると2人の男の人が車で駆け付けてくれました。3人で車の下のほうを見たりして、やっと止めてくれました。

 私はただオロオロして名前も聞かず、顔も覚えていないのです。あのとき、窮地を救ってくれた親切な方々、ありがとうございました。皆さまの親切、心より感謝しています。

(豊見城市 なかま)

(編コメ)困った時に助けてくれた人の親切は、身に染みますね。

誇りに思うこと

 職員がいつものように、デイサービスの利用を終了した時間帯で利用者を送る途中の出来事です。高齢の女性が道端で前かがみに倒れているところを発見。時間は16時過ぎ。まだ9月の日差しが照りつける太陽の下では、一歩間違えば大変なことになります。すぐに車を止めて確認すると、額と両腕・両膝を擦りむいています。話し掛けても自分の名前や、どこから来たのかも答えることができません。

 職員は警察の到着を待って、高齢女性が倒れていた状況を報告し、安全を確認したところで業務に戻ってきました。

 誰か困っている方がいる。コロナ禍にあって、感染しないように距離をとることで、人とのつながりが希薄になっている現在、勇気をもって高齢女性に話し掛け冷静に対応できた「誇らしい職員」がいることは、私の財産です。

(糸満市 デイサービスしんか)

(編コメ)高齢女性の異変に気付き、迅速に行動した職員さん。本当に素晴らしいです。

楽しいミラクル

 リハビリでお世話になった理学療法士の女性は、いつも爽やかな香りを漂わせていました。

 使っているオーデコロンの銘柄を尋ねておいて、リハビリ最終日にお礼としてそのコロンを差し上げたら、なんとその方も私が気に入っているならと同じものをプレゼントに渡してくれたのです。

 二人で顔を見合わせ大笑いしました。今でも思い出すと、ほっこりする楽しいミラクルでした。

(那覇市 夢子)

(編コメ)そんな偶然があるんですね。お互いを思ってのプレゼントは、まさにミラクルです!

>> [No.1900]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>