沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1873]

  • (日)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ワシントコポスト」2021年04月01日[No.1873]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

倍返しの親孝行

 天気の良い休日には、娘婿から「ばあちゃん、ドライブ行こう」と電話がかかってきます。娘も一緒に3人で行くこともありますが、娘が忙しいときは娘婿と2人でドライブです。

 義理の親子なのに全然緊張しないのはなぜだろうと不思議に思うこともありますが、娘婿は明るい性格で物事にこだわらない大らかさが、一緒にいても楽なのだと思います。

 車内で音楽を聴きながら海を見たり、道の駅で野菜を物色したり、奥武島で名物のもずくてんぷらを食べることもあります。

 転勤で本土に行った息子のお嫁さんともショッピングやカラオケをして楽しく過ごしましたが、コロナ禍の今は会えないのが残念です。

 昨年から人工透析をするようになり、体調を整えるのがつらい日々もありましたが、娘と息子がステキな配偶者を選んでくれたおかげで今は穏やかな日々が送れます。

 頑張って子育てしたご褒美が今、「倍返し」の親孝行としてもらえてありがたいと思います。

(那覇市 乙女座のババ)

(編コメ)優しい義理の息子さん、娘さんがいてくれて本当によかったですね。「倍返し」の親孝行だなんてうらやましい限りです。

ネコちゃん回復

 早いもんで、令和も3年になりました。先日、知り合いのネコちゃんが体調を崩して、ご飯を1週間以上食べなかったそうです。

 10㌔近くあった体重が4・5㌔に減り、これはヤバイと動物病院に行きました。一本4千円の点滴をうち、ご飯をあげて回復したようです。

 もう、自分の子どもみたいに家族でかわいがっていたから安心したそうです。普通なら、6・5㌔が当たり前みたいなんで、遅かったら亡くなっていたかもしれないと。

ネコちゃんも、家族に愛されて幸せだと思いました。

(宜野湾市 なんくるないっさあ)

(編コメ)ネコちゃんも大事な家族の一員ですね。回復してよかったです!

気づいたらアラフォー

 主人と一緒になって約20年近く。長く一緒だとけんかすることもしばしばあります。私から仲直りするときはLINEでメッセージを送って謝ります。

 主人の場合は何も言わず、私が気付くところにお供え物のようにお菓子を置いときます。つい最近もありました。若いころの私なら喜んでいましたが、もうすぐ41歳。もういいかげん、お菓子で喜ぶ年齢でもない。特に謝ってほしいわけでもなかったのですが、お菓子で機嫌直してと言われているようで逆に腹が立ちます。

 この年になると、せめて花にするか、何もしないで大丈夫だったりします。実はけんかしたことすら忘れている年頃なんです。

(宜野湾市 キラキラ)

(編コメ)お菓子を置いておくなんてかわいいご主人、と思いましたが、私だったら? と考えてみると花のほうがうれしいかも。家に花があると癒やされますしね。

 今年、還暦を迎える私は、今まで猫はマヤーフラー(猫はバカ)と思っていました。ある日、野良猫が家にきたけどバカなのだから追い払いました。

 昨年の夏、その猫が身ごもっていた赤ちゃんが2匹生まれました。お隣のМさんの家におこぼれのフードを求めてやってきます。動物好きのМさんと承知なのでしょうか? 妻も動物好きで、パートから帰ってくると愛犬と散歩の日々。ドッグフードの残り物を猫に与えたりします。

 私を見るともちろん逃げていきます。それでも環境がいいのか家の周りで子育てしながら遊んだりするので、私は追い払わないようにしました。そして、抵抗ないよう距離を取りました。

 1カ月半ほどたって猫も私を気にしていないように見えました。そばを通ってもあまり逃げなくなり、「ミャーミャー」と声をあげるようになりました。

 ある日、餌を小皿に置いておきました。その日は食べていなかったのですが、夜勤明け仕事から帰ってくると餌はありませんでした。玄関のドアを開ける音がすると寄ってきます。

 2カ月ほどたって、私を見て「ミャー」と泣きました。いまでは距離も近くなり(50㌢)、ドッグフードも食べ、私に寄ってきます。シャム猫の系統があり、お隣のМさんが「シャーム」と名付けました。シャームを見ていると仕事のストレスも激減します。癒やされます。もちろん愛犬レオも。

 私は1年半前にウオーキング中、車にひかれそうになったことがあります。

 十字路の交差点、青信号で右折車が突っ込んできました。反射的にスーッとよけましたが、あわや大惨事。明らかに悪質運転。まれにフラッシュバックで夢にまで出てきます。もう少し早くシャームに出会っていたら、夢にまで出てくることはなかったかも。

 いまでは子猫も寄ってきます。「トラちゃん」と名付けました。猫も学習能力があり、頭がいい。私の猫への概念は覆されました。

(うるま市 うるまのレオ)

(編コメ)大変な目にあったそうですが、無事で何よりです。少しでも気持ちが楽になるよう願っています。シャームやトラちゃんたちとは仲良しになったんですね〜。

図面描きながら妄想

 私は建築図面を描く仕事をしています。建築家が決めたプランを実際工事するために構造や法規などを踏まえて細かく図面にする仕事です。

 学校やショッピングセンター、工場など比較的規模の大きな現場が多いのですが、私が一番好きなのはマンションの図面です。自分が実際に住むことを考えながら図面を描くのはとても楽しい仕事です。

 今日、描いた図面はリビングが30畳。マンションなのにトイレが2つもあって各部屋にウオークインクローゼットも付いていて、2面バルコニーで最高でした。でも…ふと「冬の布団をしまうスペースがないなぁ」と思いました。マンションは和室がないと押し入れがなくて、布団はどこへ? って思ってしまうのです。

 私の部屋はここ。扉はこちらにも付けたいなど、毎日新築に住む妄想ができて楽しい日々です。

(読谷村 レモンケーキ)

(編コメ)自分が描いた図面が形になるなんて、ワクワクしますね。妄想する時間も楽しそうだし、実際に誰かが住むと思うとやりがいもあることでしょう。

いつもの散歩道

 赤、黄色、オレンジ、ピンク…。休日の朝、いつも歩く散歩道には色とりどりの花々が咲いています。見るたび、気持ちがふわっと明るくなって元気になります。

ワシントコポスト

(宜野湾市 俺んちレンジ)

(編コメ)花をめでながらのお散歩、いいですね〜。

>> [No.1873]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>