沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1759]

  • (火)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ワシントコポスト」2019年01月10日[No.1759]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

息子の旅立ち

 今、息子が人生の分岐点に立っています。県外の大学に進学するために受験中です。 母である私は、「受かりますように」の思いの中に複雑な感情を抱えてしまいます。 
    空港の見送りは、なちぶさ~の私には耐えられない。しかし、自分の人生を切り開く息子を一番に応援したい。息子にとって、この選択が人生の素晴らしい道しるべになりますように。
 私の背を超え、一緒に過ごす時間も減ってしまったけど、寂しいけど、どこにいても全力で応援しよう。考えるだけで、ウルウルします。

(沖縄市 ビックママ)

(編コメ)この春、県外へ行かれるのでしょうか? 子どもの巣立ちは、うれしいよりもやはり寂しいという気持ちのほうが大きいのかもしれませんね。旅立つ息子さんにエールを送ります!

父の味

 12月13日付の「何をあげたら喜ぶ?」を読みました。県外から帰ってくる子どもに何を作ったら良いかというお話で、思い出したことがあります。
 私の姉も短大時代は福岡で生活していました。姉は帰ってくると、必ず父が作る「沖縄そば」をリクエスト! 「はぁー? またかー?」と言いながらもうれしそうにそば作りをする父の姿が忘れられません。
 「おいしい! これ! これ!」と言う姉の言葉に、さらにうれしそうな顔をする父を見て、こっちまでうれしくなったことを覚えています。
 県外で生活していると、「定番の味」が最高のおもてなしなのかなと思います。

(宜野座村 キューブ)

(編コメ)そうですね~。お姉さんの気持ちがよく分かります。実家を遠く離れると、親が作ってくれていたものが恋しくなります。まんざらでもないお父さんの顔が想像できるような気がします。

咳コンコン

 うちのアパートのお隣さんは、年の近い子どもがいるということもあって仲良くさせてもらっています。
 このアパートは壁が薄いようで、隣の生活音が聞こえるのですが、先日お隣さんの子どもが夜寝るくらいのころに「咳コンコン」しているのが聞こえました。心配だったけど顔を合わすタイミングがないまま、翌々日もまだコンコンしてる…。結構きつそうな咳だったので「う~ん、大丈夫かなぁ」と思っていました。
 次の日、日々手作りしている免疫力にも良いという甘酒を持っていってあげることにしました。すると、子どもたちも「飲みたい、飲みたい!」と大騒ぎ。
 次の日の夜には、もう咳は聞こえなくなっていて、一安心。すべて甘酒のおかげとまでは言いません(笑)。いろいろお世話になっているし、やってあげたいっていう気持ちが自然と湧いてくるのです。
 それを見て、旦那に「お隣さんとこういうやり取りできるっていいね~」と言われました。自分もお隣さんが気の合う人で良かったなぁ、とつくづく思いました。

(沖縄市 みどりのつぼみ)

(編コメ)昨今では同じアパートの住民同士でも、ろくに言葉を交わさないということは珍しくありません。そんな中、お隣さんと仲良くされているとのこと。お互いさまの気持ちで良いコミュニケーションが取れるとうれしいですね。

喜ばれるホテル

 内地のビジネスホテルに泊まったときの話です。東京の五反田にあるホテルは値段が高めで新しかったので期待していました。しかし、部屋がとても狭く朝食はたいしたことなくてがっかりしました。
 次に福岡の博多にあるホテルに泊まりましたが、値段は手頃で古かったのであまり期待していませんでした。しかし、部屋はほどよい広さで加湿機能付きエアコンがあり、朝食は種類が豊富でとても満足しました。
 父に話すと「東京はオリンピックで客が増えるから、ホテルは部屋を小さくして数を増やしているんじゃないか」と言われ、なるほどと思いました。でもオリンピックが終わったら、そんなホテルの客は激減するのではと思いました。
 観光客が増え、沖縄もたくさんホテルが建設されていますが、利用客に喜ばれるホテルを目指してほしいです。

(八重瀬のこーちゃん)

(編コメ)今、都市部を中心に多くのホテルが建設されていますが、オリンピック後はどうなるのかも気になりますね。八重瀬のこーちゃんさんがおっしゃる通り、ホテルは利用客が気持ちよく過ごせる場所であってほしいです。

見られてしまった!

 職場の人から、とってもおいしいスコーンの差し入れがありました。スコーンは机の上にたくさん置かれていました。私はいっぱいもらおうと思って、ガバッと取ろうとした瞬間を上司に見られてしまいました。
 すると「一人一個ね」と笑われました。
 恥ずかしかったです。欲張りでガサツな態度、反省しています~。

(浦添市 プルプル)

(編コメ)見られたくない姿を見られてしまいましたね~。これからは気をつけましょう(笑)。

聞こえている

 年には勝てず近ごろとみに聞こえづらくなり、子どもや孫たちに「聞こえている?」と言われます。
 ①先日、孫娘2人が来てテレビつけっぱなしのままスマホをいじっていました。私は新聞を読んでいたのですが、テレビから「棺おけに入ったんですか?」と聞こえたので孫たちに「棺おけだって」と言ったら、「がん保険にはいったんですか? って言ったんだよ。もう~、おばあちゃんよ~」と大笑いされました。
 ②スーパーのレジでは「1830円です」と聞こえたので、意外と安いと思いながら支払いしたら、「千円足りません」と言われました。ぬか喜びで残念。
 ③台風の後、息子が来てベランダの掃除をした後に何か言っていたのですが聞こえず。それでも「うん」と答えたら、息子は孫に「あれは聞いていないよな」と言っている様子でした。後でベランダを見たら、スリッパが消えていました。以前にベランダで転んだ私を気遣い、ベランダに出るなということかと少ししんみり…。
 まだ存命だった夫が病気のせいか、いつもくぐもった声で話すので聞こえず、「はぁ?」と言ったら、「はぁはぁ言うな」と怒られました。それで「はぁ?」と言わないよう心掛けています。あのときは70代。いま80代になりましたが、あのときとあまり変わっていないのではと自分を励ましています。
 ちなみに娘たちから聞いたのですが、私が聞こえていないときは苦笑いしてやり過ごすらしいです。

(那覇市 もず)

(編コメ)①②のような聞き間違いは誰にでもありそうです。「棺おけに入ったんですか」と「がん保険に入ったんですか」を言ってみてください。似てますよ! 子どもさんやお孫さんたちは、もずさんのことを優しく見守っているのでしょうね。

グッドラックリーフ

 仕事仲間からいただいたグッドラックリーフ(幸運の葉)。浅い水に葉っぱを浮かべても、土にただ置いていても、ギザギザの間から根っこが伸び、新芽が生えてくるそうです。なんと驚き! 壁に押しピンで張り付けていても芽が出るそうです。

(那覇市 K・H)

(編コメ)葉っぱから芽が出ていますね! 縁起がよさそうな植物です。マザーリーフや子宝草、ハカラメ(葉から芽)などとも呼ばれているそうですよ。

>> [No.1759]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>