沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1758]

  • (土)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ワシントコポスト」2019年01月03日[No.1758]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

おゆずりエリア

 毎朝、首里に向かう通勤途中で西原町の沖縄カントリークラブを突っ切った先の丁字路で右折します。その丁字路交差点から池田交差点に向かって路面が10メートル余り青く舗装されて、白抜きで大きく「おゆずりエリア」と書かれています。
 このあたりは南風原町の大名から池田交差点に向かう車が渋滞するので、沖縄カントリークラブ方面から来た車はなかなか右折できなかったのですが、この「おゆずりエリア」のおかげでスムーズに入れるようになりました。
 法律的にはたぶん「おゆずりエリア」に進入しても交通違反ではないはず。それでも多くの車は「おゆずりエリア」にさしかかると前方の渋滞を確認して手前で停車してくれます。
 県外から来た方からは、沖縄の車は方向指示器を出すのが遅かったり、急に車線を変更したりするのはいただけないけど、あまりクラクションを鳴らさないところや割り込んでくる車をおうように受け入れるところはイイネと言われます。
 少しでも早く着きたい出勤どきなのに、ちょっとした心遣いのできるゆとりがすてきですね。

(与那原町 てふてふ)

(編コメ)「おゆずりエリア」は周辺住民の陳情の結果、実現したそうですね。改善されたようで何よりです。

1年生の道徳の授業

 「手に障がいのある猿に4匹の子猿がいて、お世話ができず1匹が死んでしまった。手に障がいのある母猿は、幸せか幸せではないか、丸をつけなさい」
 娘は、幸せではないに丸をつけていました。そこに親がコメントを書く欄があります。私は答えに迷いました。そして娘に「何でそう思ったの?」と聞くと、「赤ちゃん猿が死んじゃったから」と言います。「じゃあ、お母さんの手が動いたら赤ちゃん猿は死ななかったのかな?」と聞くと、「だってお世話できないんだよ」と。
 「お母さん猿に幸せ? って聞いてみたら何て言うかな?」と聞くと、答えられず。「幸せか幸せじゃないかはお母さん猿が決めることで、手が動かないから幸せじゃないと決めたらダメ。手足が動いても幸せじゃないって思う人、手足が動かなくても幸せって思う人もいるんだよ」と話したら、娘は「私は赤ちゃん猿がかわいそうだから幸せじゃないって考えた」と言いました。
 道徳の授業は答えがない。先生も大変だなと思いつつ、親子で話をするきっかけになるいい宿題だなと思いました。

(糸満市 4児の母)

(編コメ)娘さんの考え方や感じ方も分かり、新たな一面を知ることができたかと思います。日ごろからさまざまな話題で話し合う機会を持つのもいいかもしれませんね。

重いランドセル

 今12月13日付ワシントコポストを読んでウルウルしています(涙)。「そろばんで」という投稿は私の息子が書いたものです。はがきを読ませてもらえないままの投函でした。
 「そろばんを一生懸命やったら、ちゃんと得が来ると分かりました」という一文から、言葉選びや言葉足らずなところがそのまま出ている本人の本当の気持ちなんだなと伝わりました。
 幼稚園から約6年間、そろばんに通っています。一時期、反抗的で荒々しくなり塾長からお叱りをもらい家族会議もしました。やめたいならやめてもいい。やりたいならやる。ただそれだけのことです。あの家族会議が本人の中で大きなものになっていたんだ、伝わっていたんだなとうれしく思います。
 練習に試験、大会と、良いときもあれば悪いときもある。何度か挫折も味わいつつ喜びや達成感を分かち合ってきました。わが子ながら本当にすごいと思います。でもなぜか私は素直に褒めるのが下手くそな母親です(泣)。中1の娘、小5の息子、4歳の娘、それぞれが自分のやりたいことを頑張っているんだからうまく褒めてあげたいのだけれど…。
 2019年は「子どもの頑張りをきちんと褒める!」を目標にしようかな。とにかく息子の本心がうれしかったです。昨年はたくさんの楽しい投稿を読ませていただきありがとうございました!

(うるま市 rii)

(編コメ)親子で投稿いただきありがとうございます。息子さんなりに一生懸命に文章を書いてくれたことが本当によく伝わるお手紙でしたよ。いっぱい褒めてあげてくださいね!

お片付けと運

 「お片付けと運」に関する本を読んでいると、シーツは毎日取り替えると良いと書いてありました。実行していると実にしんどい! 洗濯する水のことを考えると資源の無駄に思えてきました。
 それで、枕カバーだけを毎日替えることにしました。やはり、とても気持ち良いです。それで運は良くなったかというと―。懸賞でおいしい肉とおいしいお茶セットが続けて当たりました。
 ちなみにシーツ類は週に一回土曜日に取り替えています。また、枕カバーを新たに7枚手作りして増やしました。毎朝、今日はどれにしようか迷うのも楽しみです。

(那覇市 うさぎ)

(編コメ)いいことがあって良かったですね。片付けで部屋がきれいになると気持ちがいいです。面倒な家事などもワクワク気分で楽しみながら取り組むといいことがあるかも!?

体の衰え

 昨年、子どもの運動会でPTAのリレーに出ました。昔、足が速かったので自信があったのですが、思ったより体が重い! いざ走ってみると全く足が上がっていないことにショックを受けました。
 子どもに過去の栄光をさんざん語っていたのですが頭が上がりません。バトンを渡したときには足はがくがく、次の日には筋肉痛。こんなにも体が衰えているんだな〜と感じ、少しずつ運動をしていく決意をしました。今年はリベンジするぞ!

(那覇市 いちご)

(編コメ)運動不足を解消して、今年は名誉挽回ですね! 応援しています!

手作りの干支

 卒寿(90歳)を迎える田舎のおばあちゃんが、12年がかりで完成させた手作りの干支(えと)です。毎年県外にいる孫たち(結構いいお年ですが)に贈るのが楽しみで、せっせと今年の干支のイノシシを作っていました。

(匿名)

(編コメ)1年に一つ、その年の干支(えと)を作り続けてようやく十二支が勢ぞろいしたんですね。かわいい力作です!

>> [No.1758]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>