沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1673]

  • (水)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ワシントコポスト」2017年05月18日[No.1673]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

潮干狩り

 潮干狩りの季節ですね。私が小学生だった頃、名蔵湾で潮干狩りをしたことがあります。掘り出すと貝がすぐに2個、3個と見つかって、すぐ夢中になりました。
 その日は、バケツいっぱいの貝を家に持ち帰りました。あの遠い日々。豊かな島の自然を感じながら育ったことに大きな意味があったのだと思います。大人になった今は屋我地の海へ行きます。潮干狩りは実に楽しいものです。

(名護市 Y・S)

(編コメ)屋我地も石垣島の名蔵湾も潮干狩りのメッカですね。休日は家族で潮干狩りを楽しんだ人も多いのではないでしょうか。

感謝の色紙

 県外の大学に通う息子が、4月からオーストラリアへ留学しました。息子に留学したいと言われたときは、見知らぬ土地で生活することへの不安が先立ち、どうしてもすぐには承諾することができませんでした。何度も何度も話し合いましたが、離れて暮らしているため意思の疎通が難しく、電話やLINEでけんかしたこともありました。それでも彼の熱意に根負けし、ついに先日、出発の日を迎えました。
 出発直前までは、準備不足にハラハラ。現地到着の予定時間を過ぎても息子から連絡がなく、イライラし始めた頃に少し大きな郵便物が届きました。中を開けてみると色紙に「留学費用感謝。行ってくるぜ! オーストラリア」と、汚いながらも躍るような大きな文字が書かれていました。
 その後、ほどなくして「無事についた」と、いつものそっけないメッセージがLINEに届き、ほっと安堵(あんど)しました。彼なりに精いっぱいの感謝の気持ちを込めて書いてくれた色紙は、台所で一番見やすい場所に飾っています。彼が無事に笑顔で戻ってくるためのお守りとして。

(那覇市 うっぴー)

(編コメ)異文化の中での生活は、主体的に考えて行動する力を身に付ける大きな機会だと思います。より成長した息子さんが戻ってくる日が待ち遠しいですね。楽しく充実した留学生活を送れるよう願うばかりです。

物忘れにご用心

 最近、記憶力が低下しているようです。人の名前をすぐに忘れてしまいますし、顔と名前がなかなか思い出せないことも多く、たびたびへこんでしまいます。情けない限りです。
 昼間に一人で家にいると、ますますぼけてしまいます。先日やっと、デイサービスに入ることができました。同じくらいの年齢の方々と楽しい時間を過ごしています。帰宅すると疲れがどっと出ますが、その日あった楽しいことばかりを思い出します。参加することに意義がありますよね。楽しく頑張りたいと思います。
 先生はじめ皆さん、これからもよろしくお願いします。

(那覇市 ガンバレガンバレ)

(編コメ)楽しい時間を過ごすと心が元気になるし、脳にも良い刺激がたくさんあると思います。無理のないペースで、楽しい時間を増やしましょう♪

笑顔で登園

 4月から、長男は小学1年生になり、次男は保育園への入所が決まりました。長男よりひと足先に園に通い始めた次男は、毎日登園を嫌がっています。家を出ると、まだ保育園が見えない場所から泣き始め、近づくにつれてあきらめモードになり、いつも半泣きで園に入っていきます。
 早く保育園に慣れて、ニコニコ笑いながら私に手を振り返してくれる日が待ち遠しいです。そのうち「あーした、こーした」と園であったことを何でも話してくれるようになるんだろうな。

(沖縄市 MK)

(編コメ)ゴールデンウイークも明け、お子さんたちの様子はどうですか? 少しでも早く環境に慣れて、楽しい時間を過ごしてほしいですね。

結婚記念日

 3月末で結婚10周年を迎えました。結婚記念日当日は家族で食事に出かけ、家に帰ってからケーキでお祝いしました。
 夫からは花束をもらいました。記念日にはいつも花束をプレゼントしてくれるので、とてもうれしいです。今年は10年目だからか、バラの花束でした。
 息子たちには、お父さんを見習って花束を贈る人になるように、娘には花束を贈ってくれるような男性を選ぶように、と今から教えています(笑)。来年もまた家族でお祝いしたいです。

(読谷村 うどん県)

(編コメ)すてきなご主人ですね。自分のために選んでくれたという行為そのものをうれしく感じる女性は多いもの。愛情や感謝の気持ちが優しく伝わる花の贈り物、特別な日でなくてもおすすめです♪

人の物を取ること

 4月20日付、怒れる母さんの「息子のバッグ」を読んで投稿しました。
息子さんの気持ちを思うと胸が痛みますが、その日は怒れる母さんの誕生日だったとのこと。息子さんが友達と楽しく遊び、けがをすることなく無事に帰ってきてくれたことが一番のプレゼントだと考えてみてはいかがでしょうか。
 理性のある大人なら人の物を取ってしまうのは悪いことだと分かりますが、子どもは目の前に欲しい物があれば、考えずに取ってしまうことがあると思うのです。息子さんの物を取ってしまったお子さん、またその子の親御さんに対して、ネガティブな感情を長く持たないことが大事ではないでしょうか。嫌な出来事を長く引きずってしまうと、怒れる母さん自身が苦しくなると思います。
 私の経験ですが、相手を許すことで、不思議なくらい身の回りの出来事が自分の願い通りに変わっていったことがありました。バッグや図鑑、おもちゃが息子さんのところへ戻ってくるように願っています。

(那覇市 まあいいっか)

(編コメ)大切にしていた物を失うと、立ち直るまでに時間がかかることがあります。怒れる母さんのつらい気持ちや悲しみが少しでも和らぐようにとの思いがこもった温かいメッセージをありがとうございました。

アリの行列

 私が住むアパートは目の前に畑が広がっているせいか、部屋の中にはいろいろな侵入者が現れます。ヤールーは一番の常連さん。そのほか、ものすごく足の長い大きなクモや、大小さまざまなサイズのアリたちがやってきます。最初は驚いていたけど、今ではすっかり慣れてしまい、あ、また来たのね〜程度のゆるい付き合いです。
 ところが先日、そんな侵入者たちに久しぶりに驚かされました。小さなアリの大群が現れたのです。みんなでキッチンにある砂糖をせっせと外に運んでいました。数匹程度なら全然気にしませんが、さすがにここまで大量発生すると見過ごすわけにはいきません。このままではわが家の砂糖を全部持っていかれてしまうと思い、急いでアリの駆除剤を買ってきました。アリの列のそばにその駆除剤を置いてみると、すぐにアリが群がり、運び始めました。かわいそうに思いましたが、やっぱりそのまま放ってはおけないし…。
 次の日、駆除剤はだいぶ減っていて、アリはすっかりいなくなっていました。なんだか切なくなりました。

(宜野湾市 みどりの丘で)

(編コメ)夏に向けてますます暑くなりますし、防虫対策は不可欠ですね。わが家は蚊や羽アリが多くて困っています…。何かいい対策法があれば教えてください。

>> [No.1673]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>