沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」沖縄のローカル情報満載。



[No.1843]

  • (土)

<< 前の記事  次の記事 >>

「ぐるぐるグルメ」2020年09月03日[No.1843]号

このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾小吃 「花蓮」(タイワンシャオチー カレン) 宜野湾市普天間

(2020年09月03日掲載)

本格派台湾料理を持ち帰り

 宜野湾市・普天間郵便局隣りの「台湾小吃 花蓮」は2011年の開店以来、おいしい台湾料理が味わえると人気のお店。オーナーのピーター・ツァイさんは台湾花蓮県の出身で、故郷を店名にしました。実家が漢方薬店で薬剤師をしていましたが、結婚を機に沖縄に移住。地元の味を沖縄の人にも楽しんでもらいたい、という思いで台湾料理店を始めたそうです。

 ショーロンポー・おかゆ・薬膳スープなど豊富なメニューを提供しており、テークアウトにも対応。最近日本でもなじみが出てきたルーローファンは、刻んだ豚の三枚肉に7種類程度の香辛料を加え甘辛に煮込んでごはんにかけた、台湾らしさあふれる味わい。香り高さと食べやすさで食欲をそそります。そのお供にはサンラータンがおすすめ! さっぱりとした酸味が口いっぱいに広がり、こしょうがピリッと味を引き締めます。夏の暑さを感じる間にいただきたい組み合わせですね。他にも麺類やピータン豆腐、前菜などがあり電話注文可。入店せずに車内受け渡しもできるそうですのでご相談ください。

 「日本風の味付けにはせず、台湾の味をそのまま出すように心掛けています」と語るピーターさん。本格派のこだわり台湾料理を一度味わいませんか。

テークアウトメニュー
  
・汁なしまぜまぜラーメン
750円
・焼ビーフン
750円
  
・ソーキの薬膳スープ
650円
・ピータンと豚肉のおかゆ
700円

(電話注文可/車内での受け渡しも対応中)

※表記価格は全て税込み

  
台湾小吃 「花蓮」(タイワンシャオチー カレン)
箸が進む魯肉飯(ルーローファン/700円)とさっぱり味の酸辣湯(サンラータン/小250円)は、相性抜群
台湾小吃 「花蓮」(タイワンシャオチー カレン)
台湾小吃 「花蓮」(タイワンシャオチー カレン)
「まだ来店していない方はぜひお越しください」と笑顔で迎える、オーナー兼料理人のピーターさん
台湾小吃 「花蓮」(タイワンシャオチー カレン)
看板メニューの「小籠包(ショーロンポー)」もテークアウトOK!(8個入り750円/4個入り450円)


台湾小吃 「花蓮」(タイワンシャオチー カレン)
台湾小吃 「花蓮」(タイワンシャオチー カレン)

【住所】〒901-2202 宜野湾市普天間2-6-15
【電話】098-988-9982
【営業時間】11:00〜21:00 L.O.
【定休日】日曜・月曜・火曜
【駐車場】店の周りに3〜4台

>> [No.1843]号インデックスページへ戻る

↑このページの先頭へ戻る

<< 前の記事  次の記事 >>